ZZトップのベーシストDusty Hillがヒューストンで結婚式を挙げる

twitterツイート
ZZ Topは先週末、スタジオ作業を中断し、Dusty Hillと彼の長年のガールフレンドで映画製作者/女優のCharleen "Chuck" McCroryの結婚を祝った。HillとMcCroryは3月23日(土)、テキサス州ヒューストンにあるTony's Ballroomで、200人以上のゲストを前に結婚式を挙げた。2人はオースティンのバンドDuck Soupの演奏によるZZ Topのヒット曲“Rough Boy”にあわせてバージンロードを歩んだ。ZZ TopのドラマーFrank Beardがシンガー/ベーシストである新郎Hillの付き添い役を務め、Beardの妻Debbieが花嫁のMcCroryに付き添った。バンドのもうひとりのメンバーでシンガー/ギタリストのBilly Gibbonsは、Hillの母親Lorraineと共に式に出席した。

ハリス郡地区刑事裁判所の判事Joan Huffmanが、妻と夫となった彼らの宣誓を行ない、Hillは新婦にElvis Presleyの“Can't Help Falling In Love”を捧げた。

HillはHugo Bossのスーツをスマートに着こなし、J.B. Hillのブーツを履いていた。一方、新婦のほうはReem AcraのガウンにSergio Rossiのポー・ド・ソワのブーツという装いだった。新郎新婦の指輪は、カリフォルニア州サンタモニカのCathy Carmendyによってデザインされたもの。

2人は、カントリー・パフォーマーBrad Paisleyの“Sharp Dressed Man”のビデオを完成させた後、ニューヨークで数週間のハネムーンを計画している。Paisleyによる“Sharp Dressed Man”は、近々発表されるトリビュート盤『Sharp Dressed Men: A Tribute To ZZ Top』に収録される。アルバムは5月7日RCA Recordsより発売。この作品にはAlan JacksonDwight YoakamWillie Nelson、そしてテキサス出身の彼らの曲を演奏しているBrooks & Dunnなどのカントリー・パフォーマーがフィーチャーされている。

ZZ Topは次のアルバムを制作中で、'02年末までには発売される見込み。秋をめどにリリースされる可能性が高そう。3人は新作をサポートする大規模なツアーを計画している。アルバムタイトルは今のところ未定。

Gary Graff, Detroit LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報