ザ・フーのベーシスト、ジョン・エントウィッスルがツアー前日に死去 : 2

ツイート
ライヴでの動員数もさることながら、Whoはラジオでも人気があった。バンドはアルバムによってロックシーンの中心となり、不動の地位を確立したが、トップ40ヒットシングルにも16曲を送り込んでいる。最高位は「I Can See For Miles」('67年)の9位。しかし、初期のトラック「Magic Bus」「Behind Blue Eyes」「Pinball Wizard」「Won't Get Fooled Again」「Who Are You」は一度もトップ10内に入らなかった。また、 「My Generation」「Pictures Of Lily」「Baba O'Riley」「Bargain」「The Real Me」「5.15」はポップチャートにさえ届いていない。

セールスチャートを見ると、Billboard 200チャートでトップ10内に入ったWhoのアルバムは『Live At Leeds』『Tommy』『Who's Next』『Quadrophenia』『The Who By Numbers』『Who Are You』『The Kids Are Alright』『Face Dances』『It's Hard』の9枚。

Whoが最高潮のときも、Entwistleは他のメンバーと同様にソロとしてのレコーディング・キャリアを楽しんでいた。Entwistleは'71から2000年にかけて彼自身の名で8枚のアルバムをリリースしている。しかし、1枚として成功には至らなかった。

'78年にKeith Moonが死亡し、この時期に誰もがWhoは最も脆くなったとみたが、バンドは前進し続け、元FacesのドラマーKenney Jonesをメンバーに迎えた。しかし、かつて4人の間に存在していたマジックは息絶えてしまった。'82年、Whoはフェアウェル・ツアーを発表。Clashがオープニングアクトを務めた。

それから数年間、残ったバンドメンバーらが時々集まってフルツアーをし、'85年にはLive Aidで一度限りのパフォーマンスも行なっている。'90年には、WhoはU2のベーシスト、Adam Claytonによってロックンロールの殿堂に招かれている。

最近ではWhoが、'82年の『It's Hard』以来となる新しいスタジオアルバムをレコーディングしているとの情報が出ていた。ちょうど1週間前、Entwistleはそれについての最新情報を次のようにLAUNCHに話してくれた。

「ああ、実際にRogerの曲のスケッチとか、Peteのスケッチのようなものとか、そいったのをいくつか耳にしている。俺はスタジオに入る直前までとっておこうと思う。現時点ではたくさんアイデアがあるんだけど、歌詞がまったく付いてないんだ。お互いの方向性を決めるラフなアイデアを出して、そこからうまく持っていこうと思ってる」

同じインタヴューの中で、Entwistleは非常にゆっくりと著作に取り組んでおり、不吉にも、もしかしたら一生完成しないかもしれないとLAUNCHに語っていた。「だいたい8章あるんだ。12年かかっている。今の執筆ペースでいくと、墓石に“The End(完)”って彫るようになるだろうね」

Entwistleはまた、彼のソロアルバムのひとつに載っている碑銘にも言及した。『Mortis Sets In』('73年)のカヴァーには次のような言葉が記されている。

“In Loving Memory Of Rock N Roll. Never Really Passed Away, Just Ran Out of Time(ロックンロールのすばらしい思い出。決して息絶えることはなく、ただ時間だけが過ぎていく”

Bruce Simon and Darren Davis, New York, and Gary Graff, Detroit (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報