元エクストリームのゲイリー・シェローンが新バンドを結成。ヴァン・ヘイレンについて語る

twitterツイート
元ExtremeのヴォーカルGary Cheroneが、Van Halenのフロントマンとしての3年間と1枚のアルバム、1回のツアーを経た後、新たなバンドTribe Of Judahを結成して帰ってきた。Van HalenはCheroneをDavid Lee RothSammy Hagarの後任としたが、バンドとマッチさせることができず、かつて誇ったプラチナ・セールスにも及ばなかった。

Cheroneは最近、新バンドのデビューアルバム『Exit Elvis』を完成して満足している。彼はVan Halenでの経験についてマイナス感情はまったく持ってないとLAUNCHに語っている。

「あいつらはすごかったよ。アルバムを1枚作って、ツアーをして、2枚目の曲を書き始めたんだけど、個人的な事情や苛立たしさもあって……それは自分自身の問題でバンドから生じたわけじゃないんだ……レーベルのプレッシャーやDaveをはじめ、いろいろなスタッフとの話合いがあったとしても、ちょうど動く時期だったんだろうな。ひとつ言えるのは、あいつらは俺にとって本当に偉大だったってことだ」

彼は脱退後のVan Halenの状態についてLAUNCHに語り、Van Halenと元ヴォーカルのRoth、Hagarとの人間ドラマについて次のように話している。

「俺と別れた後、彼らがDaveと接触しようとしたのは知ってるけど、その後どうなったかは知らないよ。この前、たまたまSammyと会う機会があった。でも、誰にも分からないだろ? 次のステップは、彼らのものだからね」

Tribe Of Judahのアルバム『Exit Elvis』はSpitfire Recordsより10月22日に発売予定。ツアーではGodsmackのドラマーTommy Stewartと元ExtremeのベーシストPat Badgerがメンバーとして参加する。

Darren Davis, New York (C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス