リップ、GAKU-MC、MIC BANDITZ...ら7アーティスト出演のイベント・レポート

ツイート
~


ジャンルという枠にこだわらない自由な発想と表現=REALRHYME


とにかく最初から最後までテンションの落ちない観客の熱狂ぶりに
その“人気度”を見せつけられたREALRHYMEのイベント。
それ以上にどこの会場でも変わらない冷静でクールな各アーティストのパフォーマンスが印象的だった。
広い会場でもステージと観客の距離感が身近に感じられたこのライヴ。

REALRHYMEというプロジェクトが、“ジャンル”という枠にこだわらない自由な発想と
自分達の音楽の信念を貫いているグループ、アーティストが集まっていることを、
このイベントに参加して改めて感じた。
1万人が招待されて5時間にも及ぶライヴが行なわれたこのイベントのレポートをお届けしよう。
(最後にステキな情報もありますよ☆)

ジャンル・個性が全く違う7アーティストのパフォーマンス
MIC BANDITZ

トップバッターで登場したのはアルバム『SIXTH SENSE』を引っ提げてのVERBAL率いるMIC BANDITZ。6MCが次々と会場に現われると、のっけからテンション全開。それぞれが、オリジナリティ溢れるスタイルを持ち、2ステップ、ブレークビーツなどどんなビートがきてもそれに気持ちよく乗るラップが印象的で、そのスキルの高さも各人共に圧巻だ。しょっぱなだったせいか、フロアはそのビートの速さについってなかった(?!)のも気になったけど…。

★プチ情報★
・MIC BANDITZの中心人物VERBALに迫るインタヴューこちら

・51のソロ作『51st DIMENSION:THE YING』ももちろんGETしてるよね? オフィシャルでは試聴もガンガンやってます。

そしてVERBALから紹介されて、中盤では先日ミニ・アルバム『51st DIMENSION:THE YING』でデビューしたばかりの51―GOICHI―がソロで登場。19歳とは思えぬ貫禄で「EARZ on FIRE」をドロップ。観客とのコミュニケーションをとりながら「BRUN」、「OUTRO<NUTS>」、そしてDJのスクラッチや他のメンバーが口でビートを奏でるHUMAN BEAT BOXも披露。ヒップホップのオモシロさを充分に発揮。最後はPVでもおなじみキュートな日之内絵美ちゃんも登場し、おなじみの曲「What's Your Secret」で幕を閉じる。
RYO the SKYWALKER

レゲエ界からRYO the SKYWALKERがバンドを従えて登場。なんといっても印象的だったのは "PEACE"なメッセージを訴えたステージだった。MCでは、イベントで唯一、現在起きているイラク情勢について触れ、アメリカの行動に対しての非難し、「大事な友達だから、きついこと言わんといけんちゃうの…」とみんなにわかりやすく会場に訴えた。その後に「USAマジうさんくさ~い」というサビを会場全体で叫んだ曲「Big Gun Salute」を披露。

★プチ情報★
ジャマイカのリディム・ツインズことSly&Robbieをプロデューサーに迎えたポップでダンサブルな「BUSH HUNTER」を7/9にリリース決定! 夏はやっぱ熱い太陽の下でレゲエでしょう!
ただ、その後にRYO the SKYWALKERが言った「アメリカが嫌いなんとちゃうねん、戦争が嫌いねん…」という一言が印象的だった。その日、RYO the SKYWALKERのことを初めて知った人も多いかと思うが、キャリアがあるからこそのパフォーマンスだったことをものすごく実感。その後は「カップルで来てる人に捧げます」と横ノリの気持ちいい曲「ふたりワンマンII」、そし最後は「FREE」で幕を閉じた。
暴欲団 

ロビーでちょっと一息ついているところに流れてきたサウンドは、あの長渕剛の曲「ろくなもんじゃねぇ」。急いで会場に駆け込むと、期待を裏切らないド派手なヤンキー風なイデタチで登場したのが6人組、暴欲団。しかし、見かけとは裏腹になんとも愛嬌のあるメンバー。…というか、今回のライヴで暴欲団を観るのが初めてで、彼らの"笑い"のツボにハマッた人は相当多かったはず。MCはかなりメンバーの濃いキャラで、そのボケとツッコミは相当面白かった。

★プチ情報★
6/19にミニ・アルバム『じょうだんじゃねぇ』をリリースするのと同時に5月中旬からライヴもガンガンやっていくとのこと。詳しくはこちらからどうぞ!
6月19日にリリースするミニ・アルバム『じょだんじゃねぇ』から4曲披露。MCはおもしろくてもラップは真剣に…と、作品が非常に待ち遠しい暴欲 団だ。最後までぬかりない演出で自転車に乗って去っていった…。
 SOFFet

ド迫力続きの中で、いい意味で心を落ち着かせてくれたのが2人組SOFFet(ソッフェ)。 MCの自己紹介によると「細くてガリガリもやし男」がYoYoで、「只今ダイエット中の大きな方」がGooFだそうだ。

大きなステージにデコボコな2人と1DJのシンプルなセットで、最初は2人のハーモニーが胸にキュンと響くデビュー・シングル「君がいるなら☆」で会場をやさしく包みこむ。彼らの表現はラップだけど、"歌"に近い響きがある。

★プチ情報★
このライヴの最後に演奏した「がむしゃら凸凹大レース?!」を5/14にリリースしたばかり!(ジャケもキュート!) ライヴもありますよ~!詳しくはこちら(NEWSで)
以前はバンドを従えてのSOFFetを観たことがあるが、それよりも今回の2人のステージは、もっとSOFFetらしい2人のハーモニーが全面に押し出された温かいステージだった。
SBK 

何といってもこの日会場が一番驚かされたのはSBKことスケボーキングのパフォーマンスだろう。この日の他の出演者は言葉によるメッセージが強かったが、ほとんどMCもなくSBKは音で勝負。ロック&ダンスミュージックの融合体は、どんどんと進化しており、そして光のように一瞬のうちに会場を違う空気へと持っていた。SHIGEOのハイ・ヴォーカルや叫び、そこに喰い込むように鳴り響くギター、ビート、全て洗練されたバランスでの演奏だった。

★プチ情報★
新曲を3曲も披露したSBKだが、まだ新作リリースは未定の模様。
昨年リリースされたHerbertやCALMなどすばらしいメンツが揃った初のリミックスアルバム『NO INDEOENDENT THOUGHT』もチェックしよう!
この日は懐かしの「Ladies don't fight」なども披露したが、新曲を3曲演奏。オープニングの4つ打ちビートに幻想的ウワモノが響く「Back to the basic」と、続けての「I'm back」、そして最後に演奏された「Figure it out」、こちらもトランスのような高揚感のあるドラムンベースの最高に気持ちいい曲だった。会場の妙な静けさは、盛り上がる前に圧巻な演奏に吸い込まれた感じだった。今後の音の進化も気になるSBKだ。
 RIP SLYME

休憩中にその日の楽屋風景がビデオで紹介されて、一際歓声が大きかったのは、やはりリップスライムだった。その歓声で彼らが今いる立ち位置がよく分かる。果たして今日はどんなステージになるのか…と思う中、歓声でかき消されそうになりながら、メンバーが登場し、1曲目は軽快なドラムンベースに乗せた「HOTTER THAN JULY」。ものすごいかっこいいビートと、4MCのクールな佇まい。もちろん、観客を意識してないわけではないだろうが、会場がどこになろうと、彼らのステージ。それにしても、リップの各人のフロウは、本当にオリジナリティがあるし、上手い! 気持ちいいほど、ビートに乗るラップをなにげにやってのけてしまうところが、ラップを身近に感じさせてくれるリップの魅力だと感じた。

★プチ情報★
6/18にシングル「JOINT」発売決定!それに続いて7月にはアルバムもリリース予定。

そして7月20日には5万人規模で行なわれる<RIP SLYME SUMMER MADNESS '03>!!!
後半では「BLUE BE-BOP」「楽園ベイベー」「FANKASTIC」とシングルの名盤3曲を披露。会場一体となって楽しめる曲でもあるし、改めていい曲だと実感させられた瞬間だった。で、MCに登場したのは、毎回饒舌に語るRYO-Z。そしてなんと「オレ、太ってる」と大宣言。でも…「今度やるひろ~い会場でやる夏フェスで後ろの方が見えない人のためにネッ」とかなりお茶目に笑いをとっていた。確かにこのライヴを観たら、夏フェスも観たくなるよ・・・と思うあっという間のパフォーマンスだった。
GAKU-MC 

今回のイベントの発案者?!、またSPACE SHOWERで放送中の[REALRHYME TV]で司会も務めるのGAKU-MC。EASTEND ×YURIの頃から一貫して芯の通ったスタイルは崩さず、身近なネタとメッセージ性の強いリリックは圧倒的な分かりやすさで、その日の観客に届いたに違いない。中盤で披露した「I WISH」では、[REALRHYME TV]で司会を一緒に務める坂本美雨が参加。透き通るようなハイ・ヴォイスで会場を柔らかく包んだ。またGAKU-MCはメドレーのほか、"ループよしこさん"なるサンプラーのような機械を用いて、自分の声をループにして歌ったり…これがかなりウケていた。

★プチ情報★
GAKU-MCが司会を務める【REALRHYME TV】は毎月第4金曜日21:00~22:00

・毎週金曜に日記も更新。こちらです!
大のサッカー好きのGAKU-MCは「なかなかジーコから誘いが来ないんだよな~(笑)」とつぶやきながら、その日のオリジナルグッズのタオルをみせて、そこに書いてある12番の意味を「みなさんが、サポーターとなっていてくれたからこそ、このイベントができました~」と、オーディエンスへ向けて大感謝! オーディエンスにとっても他の出演者にとっても良きアニキ的存在のGAKU-MCがまとめて、最後、若手~ベテランまで出演者が全員集結して行なわれたセッションでピースフルな雰囲気で5時間にも及ぶライヴの幕を閉じた。
☆REALRHYME×UMBRO完全限定Tシャツ

REALRHYMEとUMBROによる完全限定のリバーシブルTシャツを公式サイトで発売中! 背番号はGAKU-MCが語ったように「サポーターは12番目の選手」という意味を込めた12!!! 赤と青、そしてデザインがまたかっこいい。完全限定なので、早めにGETしてね。詳しくはこちらから。

BARKSユーザーに嬉しいお知らせ!

なんとこのTシャツを1名様にプレゼントしちゃいます!!! しかもこのライヴに参加したあるアーティストのサイン入り♪ 果たして誰のサインが書いてあるのか?!は当たった人のお楽しみ。 5/20からプレゼントのページで応募受付開始。ドシドシ応募してね~!!!


【公式サイト紹介】

REALRHYME: http://www.realrhyme.com
WARNER MUSIC:http://www.warnermusic.co.jp
(両方のサイトから各アーティストの公式サイトに
アクセスできます)


【スペースシャワーTVでのOA詳細】

<放送日>
5月25日(日) 19:00~21:00 ※リピート放送
5月29日(木) 18:00~20:00
6月4日(水)23:30~25:30
6月23日(月)22:00~24:00

これに先駆け、5/23 のREALRHYME TVにて、
ダイジェスト版のLIVEレポートを放送!
本編では見れない映像もあり?! お見逃しなく♪


Space Shower:http://www.spaceshowertv.com
この記事をツイート

この記事の関連情報