スーパー・ファーリー・アニマルズ、フェスティヴァルの思い出を語る

ツイート
先月、6枚目のアルバム『Phantom Power』を発売したばかりのSuper Furry Animalsは、来月からアルバムをプロモートした本格的なツアーをスタートする予定だ。バンドはそれに先立ち、この夏、いくつかのフェスティヴァルに出演している。バンドのキーボードリストCian Ciaranは、フェスティヴァルとバンド自身のヘッドライン・ツアーとの違いをBBCオンライン・ニュースにこう語っている。

「ヴァイヴが違う。フェスティヴァルでは、自分たちだけのショウで味わえるような満足感を得ることもあれば、そうじゃないときもある。それに(自分たちのショウと同じように)いろんなものをプレイできるわけじゃない。フェスティヴァルの観客は、俺たちを観に来た人たちだけじゃないからね。できるだけ多くの人の心をつかむようにしないと」

またCiaranは、もし自分でフェスティヴァルを開催するとしたら「Jimi Hendrix、Ennio Morricone、Plastikman、全盛期のElvis、それにThe Who」をラインナップに迎えたいとも話した。

Super Furry Animalsは、先週末行なわれた<V2003>フェスティヴァルに出演。9月中旬からGrandaddyとの全米ツアーをスタートし、その後、2年ぶりに英国でツアーを行なう。また、11月には待望の来日公演が予定されている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報