メタリカの元ベーシスト、ジェイソンがオジーと比較

twitterツイート
終盤を迎えたOzzFestに出演中のJason Newsted(B)だが、かつてMetallicaに在籍していた彼は、Ozzy Osbourneとメインステージで共演、Voivodのメンバーとして2ndステージを担当している。

「OzzyはMetallicaほどキツくない。Metallicaは比類のないバンドだ。今はどうだか分からないが、僕の知る限り、Metallicaはとてもまとまった組織で、ハイレベルな、そしてパワフルなバンドだ。誇りに思うべきだよ」とNewstedは言う。

Newstedは、数年前に個人、音楽、健康上の問題でMetallicaを脱退。以来、Echobrainでプレイし、Moss Brothersのゲストメンバーとしても活躍していたが、最終的にVoivodに加入。今年のOzzFestの出演を決めた。

NewstedはOzzFestの楽屋で、Metallicaにいた頃はたいへんな労力を強いられたが、Ozzyとはシュールにプレイできたと語った。

「Metallicaのステージは次から次へと炎に炎(Fight Fire With Fire;『Ride The Lightning』に収録)で戦わなければならなかった。スピードがあってヘヴィで過酷なべースパート……。でも、Sabbathの曲はそうじゃない。昔、兄貴といっしょに聴いて覚えたんだ……7歳か、その頃だったかな? だから、ヴァイブが違うんだ。Ozzyはもっとシュール。現実に存在してるかどうかわからなくなるような感じだ」

OzzFestは8月22日(金)、ヴァージニア州ワシントンDC郊外にあるブリストーで行われる。ツアーは8月28日、フロリダ州ウェスト・パーム・ビーチで幕を閉じる。

(C)LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報