アラン・ホワイトの兄、オアシスへの参加を否定

ツイート
オアシスを解雇されたアラン・ホワイトの代わりに、ホワイトの兄スティーヴがバンドに参加するのではないかと噂されているが、NME.comによると、スティーヴ本人はこれをきっぱり否定したという。スティーヴは、オアシスのツアーで親指を負傷しステージに上がれなかった弟の代役を務めたこともあったが、バンドへの参加はあり得ないと宣言した。

スティーヴは、自身の公式サイトwhiteydrums.comに以下のようなメッセージを掲載している。「俺がバンドで弟の代わりを務めるよう頼まれたかって? 絶対にない。俺が弟の代理を務めるかって? 絶対にない」

彼はまた、「アランのオアシス脱退は、俺には関係ないこと。それはオアシスの問題だから、俺は何も言うつもりはない。それをはっきりさせるのは、マネージャーとバンドの責任だ。アランがけん炎だか関節炎だかのせいでバンドを去ったかって? 絶対にない」とも記している。

オアシスは現在、ニュー・アルバムの制作中。ノエル・ギャラガーがドラムをプレイしているようだ。一方のスティーヴは、ポール・ウェラーのニュー・アルバム制作に参加している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報