メソッド・マンが5月にニュー・アルバム『Tical 0: The Prequel』をリリース!

ツイート
5月にリリースされる、メソッド・マンのニュー・アルバム『Tical 0: The Prequel』についての詳細な情報がBillboard.comにて報じられている。

メソッド・マンは、ここ数年、映画出演や他のアーティストの曲へのゲスト参加といった活動が目立っていたが、5月18日(日本では5月19日)に3枚目のソロ・アルバム『Tical 0: The Prequel』をリリースする。このアルバムはビルボードのR&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場1位(ビルボード200では第2位)に輝いた前作『Tical 2000: Judgement Day』から、実に6年振りのアルバムとなる。

この新作には多数のゲストが参加しており、まずスヌープ・ドッグが「We Some Dogs」に参加。メソッド・マンの所属するグループ、ウータン・クランからはオール・ダーティ・バスタードとゴーストフェイス・キラーが「Ain't A Damn Thing Changed」、「The Afterparty」に参加し、同じくウータン・クランのRZAはレイクォンをフューチャーした「The Turn」のプロデュースを手掛けている。

また他に、P.ディディがプロデュースを手掛け、ミッシー・エリオットをフューチャーした「Say What」、ファースト・シングルである「What's Happenin」にはバスタ・ライムス、「Rodeo」にはリュダクリス、「Baby Come On」にはカーディナル・オフィシャルが参加している。

なお、メソッド・マンが関わった最も最近の作品は、ゲスト参加したメアリー・J.ブライジのシングル「Love At First Sight」で、昨年7月、ビルボードのR&B/ヒップホップ・シングル・チャートにて10位にチャート・インしている。また、すでに伝えられているように現在、メソッド・マンはレッドマンと共、今年夏に放映予定のコメディ『Method & Red』の制作を行なっている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス