UKロック、もう一つの答え フューネラル・フォー・ア・フレンド

twitterツイート




アメリカのポスト・ハードコア/スクリーモに対するイギリスからの回答! '04年のUKロック・シーンのブライテスト・ホープとして脚光を浴びたサウス・ウェールズ出身の5人組フューネラル・フォー・ア・フレンド(FFAF)が去る10月、再来日を果たした。東京公演2日目の本番前にマット・デイヴィス(Vo)とギャレス・デイヴィス(B)の2人に話を訊いた。

──'02年の結成以来、休むことなく走り続けてきたという印象があるけど、これまでを振り返ってどう思いますか?

マット・デイヴィス(Vo、以下マット):自分達のことを客観的に見る余裕なんてなかったんだけど、去年のクリスマスにやっと休暇が取れて、自分達のことを見つめ直してみたとき初めて、自分達が夢を一杯叶えているんだってことに気づいたよ。

ギャレス・デイヴィス
(B、以下ギャレス):それに気づいたとき、全てが嬉しい思い出に変わったんだよ。

──逆にプレッシャーは感じませんか?

マット:クリエイティヴな面では、常に自分達にプレッシャーをかけているよ。常に前よりもいいものを作りたいからね。そういう意味ではプレッシャーを感じることもある。でも、僕達は、ほんの一歩しか踏み出していない。まだまだこれからだよ。2週間に1組、新しいバンドがデビューする世の中だ。今、自分達が置かれている状況を当たり前とは思わずに、一日一日を大切にしたいんだ。

──ここ1、2年のイギリスのロック・シーンの盛り上がりにはずいぶん興奮させられました。渦中にいた皆さんは、どんなふうに感じていましたか?

ギャレス:レーベルと契約していないバンドが、まだまだいっぱいいるんだけど、そういう連中もレベルが高いんだ。そういう意味では、シーン全体が底上げされたって実感はあるよ。ブリット・ポップにできなかったことを、今のロック・シーンはやり遂げたんじゃないかな。ザ・フーにまで遡ってもいいけど、もっと近いところで言えば、アイアン・メイデンとかジューダス・プリーストとか、元々、ロックを始めたのはイギリス人なんだから、やっぱり今の盛り上がりは誇りに思うよ。

──ブリット・ポップと言われていたオアシスブラーはあまり好きではなかった?

マット:全く興味はなかったね(笑)。ブリット・ポップが流行っていたころは、アメリカのハードコア・バンドばかり聴いていたよ。

ギャレス:俺もレディオヘッドぐらいかな。

──契約前のバンドもレベルが高いと言っていたけど、FFAFのデビュー盤も新人とは思えないクオリティーの高さでしたね。

マット:実を言うと、デビュー盤はそれほど準備せずに作ったんだ。もちろん、いい作品だとは思うけど、今聴き返してみると、もっとこうしておけばよかったってところが、ずいぶんあるんだよね。

ギャレス:だからこそ、俺達は2ndアルバムに賭けているんだ。次のアルバムこそが本当の俺達だってぐらいの意気込みはあるよ。

マット:すでに曲を書きはじめているんだけど、デビュー盤以上にバラエティーに富んだものになると思うよ。

ギャレス:エレクトロニックな要素も入ってくると思うしね。

マット:エモ・バンドは卒業さ(笑)

ギャレス:だからって、いきなりレディオヘッドみたいなバンドになるわけではないよ。ギター、ベース、ドラム、それにヴォーカルっていうロック・バンドの枠組の中で、いかに多彩な曲を書けるかってことに挑戦しているんだ。

──新作のリリースの予定は、もう見えているんですか?

マット:8曲ぐらい書き上げたんだけど、20曲ぐらいは作って、その中から選びたいんだ。で、年明けにはスタジオに入って、来年の初夏までにはリリースしたいね。

取材・文●山口智男



『カジュアリー・ドレスド&ディープ・イン・カンヴァセーション 』
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCR-11799 \2,520(tax in)

1. ルーキー・オブ・ザ・イヤー
2. ブレット・セオリー
3. ジュナウ
4. ベンド・ユア・アームズ・トゥ・ルック・ライク・ウィング
5. エスケイプ・アーティスツ・ネヴァー・ダイ
6. ストーリーテリング
7. モーメンツ・フォーエヴァー・フェイディド
8. シー・ドローヴ・ミー・トゥ・デイタイム・テレヴィジョン
9. レッド・イズ・ザ・ニュー・ブラック
10. ユア・レヴォリューション・イズ・ア・ジョーク
11. ウェイキング・アップ
12. ノヴェラ
13. ディス・イヤーズ・モスト・オープン・ハート・ブレイク(ボーナス・トラック)
14. キス・アンド・メイク・アップ(オール・ベッツ・アー・オフ)(ボーナス・トラック)


ビデオ・インタヴューはこちら



フューネラル・フォー・ア・フレンド「レッド・スカルTシャツ」サイズ:M、L、XL¥
3,360






サイン入りブロマイド写真
応募締め切り:2004年11月15日)







http://wmg.jp/ffaf/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス