AFRA&DOKAKA ヒューマン・ビートボクサー スペシャル対談

twitterツイート

「カッコつけるよりも剥き出しで、素でいった方が、絶対みんな共感できる」


“ヒューマン・ビートボックス”

それは、 口から様々な音を同時に出し、
複雑なリズムパターンと組み合わせて音楽を作り出すこと。
口で音を出すという行為は、人間が意志伝達で必要だった最も原始的なことなのだが、
このパフォーマンスは、観る者を圧倒させる超人技だ。

そんなヒューマン・ビートボックスで今、注目を浴びているのが、
富士ゼロックスのCMパフォーマンスでお茶の間にその存在が浸透し、
最近では新作『DIGITAL BREATH』をリリースしたばかりのAFRAと、
自らのwebサイト(http://www.dokaka.com)から発信する音源が話題となり、
ビョークのアルバム『メダラ』に参加、さらに注目を浴びることとなったDOKAKA
そんな2人の対談が実現。
スタイルは違いながらも、なぜ口でパフォーマンスするのか……。
2人が根底にある共感する部分に迫る。


──ビートボックスに目覚めたきっかけは?

AFRA: まずヒップホップでもラップに興味を持ってずっとラッパーやってたんだけど、高2の夏休みにN.Y.へ遊びに行った時、ラゼール(ザ・ルーツ)のビートボックスを生で観てしまって。そのライヴを観た帰り道から真似してましたね(笑)。口でやってる人を自分以外に発見したことってある?

DOKAKA: ない(笑)。「声で多重録音してる人はいるけど、それを本気で作品にしたところがすごい」とよく人には言われるね。

──DOKAKA君はロックバンドやってたってのも大きい?

AFRA×DOKAKA対談映像

LIVEで一回共演しただけと語っていたAFRAとDOKAKA。しかし、リラックスした笑いの絶えない対談となりました。それぞれのスタイル、共通点などを話す動画映像をどうぞ!
DOKAKA: それまでは口ずさんだりってレベルだったのが、高校の頃、友達が持ってきたメタリカメガデスイングヴェイ(・マルムスティーン)なんかのメタルのCDを聴いて、こんなすごい音楽があるんだって思って。それからは俺もAFRAみたいに道でギターとかを口ずさんで。

AFRA: その衝撃や強さは、たぶん同じなんでしょうね。その音になりたいんやね。

DOKAKA: そうそう、なりたいんだよ。

AFRA: その音を再現したい。

DOKAKA: そう。マニアックに…。例えば、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアのギターのヨタってるところを真似て、ひとりでニヤニヤするみたいな。

AFRA: やっぱり手元に楽器がないってのもあるんじゃない?

DOKAKA
: そうかもしれない。楽器持ってなかったもん。

AFRA: 僕もターンテーブルとかミキサーとかなかったから。

DOKAKA: でもそれってさ、黒人のヒップホップができてきた過程と似てるよね。貧乏で買うものがなかったからとにかくマネて。で、バンドでドラムやってしばらくして、ヴォイス・パーカッションを再発見して今に至るという。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報