Deep Purpleの最新情報は音楽総合サイトBARKSで! ''70年代の初めには3つのタイプの音楽があった。Led ZeppelinとBlack SabbathとDeep Purpleだ。皆揺るぎないラウド&プラウドの価値体系の上にヴァリエーションを生み出していたが、Deep Purpleの異常な人…

  • OKAMOTO'S
  • スピッツ
  • -異種格闘技対談-Ring【round2】
  • 04 Limited Sazabys
  • 植田真梨恵
  • Angelo
  • 福山雅治
  • MAX
  • Cyntia
  • MEGADETH
  • SHEENA & THE ROKKETS
  • 中川翔子
  • LUNA SEA
  • GACKT
  • 中島卓偉
  • ハロプロ研修生
  • ダウト
  • 倉木麻衣
  • 凛として時雨
  • 黒夢
  • Pete Doherty

BARKS TOP 100

LAST UPDATE 2015/3/1 3:00

Deep Purple:ニュース・最新情報

NEWS

Deep Purple:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

''70年代の初めには3つのタイプの音楽があった。Led ZeppelinとBlack SabbathとDeep Purpleだ。皆揺るぎないラウド&プラウドの価値体系の上にヴァリエーションを生み出していたが、Deep Purpleの異常な人気は、主にJohn Lordのハモンド・オルガンとRitchie Blackmoreのギターが繰り出すスキルの高いインタープレイにあった。彼らのハードロックは、ポップソングからブルース・リフ、バロック、そしてジャズ・スタイルまで採り入れている。しかし、即興演奏にもかかわらず、''60年代後半から''70年代半ば、そして、いわゆる“第2期”のラインナップが再編された''80年代に入っても、ヒットシングルには事欠かなかった。

''68年に結成されたDeep Purpleは、最初にJoe Southの“Hush”のソウルフルなオルガン主体のヴァージョンを出し、次にノリのいいNeil Diamondのカヴァー曲“Kentucky Woman”を出した。ヴォーカリストのRod EvansとベーシストのNick Simperが脱退し、ベーシスト(プロデューサーとしても成功する)のRoger GloverとヴォーカリストのIan Gillan(『Jesus Christ Superstar』のオリジナル・キャストで主役をやったばかり)が加わって、Purpleの最も有名なラインナップが固まる。
彼らはLordが書いた『Concerto For Group And Orchestra』をリリースしたが、評論家もファンも熱狂させることはできなかった。次にBlackmore主導のもと、(当時としては)極端にヘヴィな音楽へと突然方向転換し、大きな成功を掴む。ヒット・アルバムを連発したが、コンスタントなツアー活動と内輪もめが原因となり、第2期の黄金ラインナップは''73年に終った。その後、歌えるベーシストGlen HughesとフロントマンのDavid Coverdale(後にWhitesnake)を迎えて復活したグループは、ヒット・アルバム『Burn』をリリースしたが、''75年までにBlackmoreが去り、ファンも後に続いた。
''84年には第2期ラインナップの再結成に成功したが、''86年までにGillanが再び去り、バンドをコントロールすることは困難になった。バンドは元Dixie DregsのギタリストSteve Morseが加わって今も活動しており、Deep Purple(オリジナル・メンバーはLordとドラマーのIan Paiceだけ)はブリティッシュ・ロック界で最も息の長いバンドのひとつになっている。

This Biography was written by S.L.Duff.

Deep Purple:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

Deep Purple:ディスコグラフィ・CD

DISCOGRAHY/CD