ジェニファー、記者会見&スペシャル・イベント レポ!

ツイート
3/7(月)、新作『リバース』が大ヒット中で、4月には日本映画のリメイクで、リチャード・ギアと共演した話題の映画『Shall we Dance?』が日本公開となるジェニファー・ロペスが都内のホテルで記者会見を行なった。また、会見後には関係者や抽選で当たった一部の幸運なファンを招いて本人出席のスペシャル・イベントも開催! その模様をお伝えする。

「あのJ.Loがホントに来るの?」。当日になってもどうも実感が湧かなかった。パパラッチのフラッシュの中、もしくはスクリーンやMTVの中のみで生きる人。今の世界のトップ・セレブ、J.Loからそういうイメージ以外のものを思い浮かべるのは難しかった。

しかし、そんなスーパー・セレブJ.Loは、遂に本当に我々日本人の前に本当に姿を現した。16:30から行なわれた記者会見では、私生活の姿に近い、カジュアルな装いで登場。映画『Shall we Dance?』、新作『リバース』について、奢る場面など一切なく真摯に受け答えた。

「ニュー・アルバムは“映画の撮影の合間”ではなく、レコーディングそのものに没頭した初の作品。気合いが入ったわ」「多くの女優さんがやりたがった『Shall we Dance?』でのヒロイン役をやれたのも、幼い頃からの憧れだったリチャード・ギアとの共演は心からうれしかった」など、謙虚な発言が目立った。

そして、20:30からのスペシャル・イベントでは、なんと、ライヴもほとんどやらないJ.Loが自らパフォーマンス! 最新シングル「ゲット・ライト」一曲のみという短いものではあったが、それでも完璧にシェイプ・アップされたボディで、PV同様にスティックを駆使して華麗に舞い踊るJ.Loに、抽選に当選してかけつけたファンは大興奮! しかも、CD以上に高く伸びやかな熱唱を生でを披露したのは、このテのショウ・ケースが口パクでパフォーマンスされることが決して珍しくない昨今のケースを考えれば本当にうれしいこと。セレブの輝きが本物であることをアピールした良い機会だった。

取材・文●沢田太陽

ジェニファー・ロペス 記者会見映像(2005/3/7)
https://www.barks.jp/watch/?id=1000003749

『リバース』アルバム・レヴュー
https://www.barks.jp/cdreview/?id=1000003460
この記事をツイート

この記事の関連情報