コールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンが、新作『X&Y』は多くのアーティストから盗作していると告白した。その数は、我々が想像する以上だという。

マーティンはXFMのインタヴューで、こう話している。「アルバムの最後に、参考文献一覧とかディスコグラフィーとか参照とか、くっつけるべきだったな。“What If”の終わりはビートルズから盗った。いろんな人からパクってるよ。みんなが思う以上にね」

マーティンは「それは、聴けば聴くほどわかるだろう」と話しているので、アルバムを聴きこみ、盗作元を推測するのも楽しいかもしれない。

コールドプレイは、UKでのアルバム発売日(6月6日)にロンドンのクラブ、KoKoでパフォーマンスを行なうことを発表した。チケットは当日の朝8時から発売。売り上げは、ロイヤル・マースデン・癌キャンペーンへ寄付されるという。

Ako Suzuki, London