オレンジ・ジュースのシンガー、無事に回復

twitterツイート
今年初め、脳出血で倒れたオレンジ・ジュースのシンガー、エドウィン・コリンズが、順調に回復に向かっているそうだ。コリンズは2月に2度ほど脳内出血を起こし手術を受けたが、その後、病院内でMRSAに感染していた。

BBCオンラインによると、コリンズは今月末には退院できそうだという。コリンズの妻でマネージャーのグレイシー・マクスウェルはこう話している。「エドウィンは、順調に回復しています。最近、歩くことができるようになりました。3週間後には家に戻れると聞いて、喜んでいるところです」

70年代後半から80年代にかけて人気を博したグラスゴー出身のオレンジ・ジュースは、同郷のフランツ・フェルディナンドやベル・アンド・セバスチャンらに影響を与えている。コリンズはソロとしても活躍。'95年の「A Girl Like You」は世界中でヒットした。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス