ダークネス、新曲は「ドラッグとの別離」

ツイート
ダークネスのフロントマン、ジャスティン・ホーキンスがニュー・シングル「One Way Ticket」について語った。この曲はイントロに、コークをカットし鼻から吸い込むサウンドが入っている。ジャスティンは「ドラッグとの別離」について歌ったものだと説明している。

彼は『Rolling Stone』誌にこう話した。「救いの歌だな。ドラッグについて話してる。地獄へ落ちるのは避けられない。でも、戻るのに遅すぎることはないって歌ってるんだ」ジャスティンは、バンドの成功後、ドラッグ問題に悩まされたと噂されている。

バンドの2ndアルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』は11月28日英国発売。1stシングル「One Way Ticket」のほか、「Knockers」「Is It Just Me?」「Dinner Lady Arms」「Seemed Like A Good Idea At The Time」「Hazel Eyes」「Bald」「Girlfriend」「English Country Garden」「Blind Man」らが収録される。

バンドの公式サイトthedarknessrock.comによると、現在、myspace.com/thedarknessにて「One Way Ticket」を視聴することができるという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報