BENNIE K、PVの撮影中にある物に夢中に

ツイート
11月8日にリリースした最新シングル「Joy Trip」が、オリコン・シングル・チャートでトップ5入りし好スタートを切ったBENNIE K。カップリングにはauのCMソングとして大量オンエアされている「SATISFACTION」が収録されていることでも注目を集めている今作だが、たくさんのアイデアが盛り込まれたPVにも注目していただきたい。

BENNIE Kの二人をはじめ、ほかのキャストもウエスタンな衣装をまとい、CICOがバンジョーをかき鳴らし、DJ HI-KICKが蓄音機でスクラッチ、楽団が楽しげに演奏を繰り広げるというこのPV。撮影が行なわれたのは横浜の某スタジオ。黒子ならぬ白い全身タイツ姿の“白子”が銀の紙吹雪をまき散らすシーンは何度か撮り直されたそうで、その度にCICOがバンジョーを弾くピックを飛ばし、しかもそのピックが銀色だったために紙吹雪に紛れてしまうため、その都度スタッフが床に這いつくばってピックを探したのだとか。そんなことも影響してか、撮影時間は約12時間にも及んだそうだ。

そんな、意外なところに苦労したという撮影の現場では、スタッフが簡易コンロでホットケーキを焼いてサービス。「スタジオ中があま~い幸せな香りに包まれました。とくにチーズ入りホットケーキにメイプルシロップっていうのが絶品で、お弁当が届いているにもかかわらず、BENNIE Kはホットケーキに夢中でした!」(スタッフ談)とのこと。

そして、このPVのラストである地球にズームアップしていくシーンは、“BENNIE Kの音楽の旅が今後も続いていく”という想いを示唆したもの。そうした想いがこのシングル「Joy Trip」には込められており、“世界中の音楽とBENNIE Kサウンドの融合を試みよう”という彼女たちの壮大な構想の第1弾となる作品でもあるのだ。

▼「Joy Trip」PV視聴(2006年12月9日まで)
https://www.barks.jp/watch/?id=1000016494


■オフィシャル・サイト http://www.benniek.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報