リンキン、新作の収録曲を厳選

ツイート
100曲以上の新曲の中から新作に収録するための曲を厳選中のリンキン・パークだが、その作業も終わりに近づいているようだ。Billboard.comによると、マイク・シノダがレコーディングが「とても順調」とし、プロデューサーのリック・ルービンを「すばらしい」と讃えている。

彼は『Hybrid Theory』『Meteora』の枠を越えて、新しいことにトライすると話す。

「リックは予想のつかないことをする……どこからともなくアイデアが出てくるんだが、それがとても意味のあるもので、曲をよりよいものにしている」。

シノダはまた、新作はもちろん“リンキン・パークのサウンド”だが、メンバーが成熟し、精神的にも過去とは違った状態であるため、進化した要素が含まれるといった内容を語っている。

リリース日や最終的な収録曲といった詳細は現時点で未定だが、“プログレ・ロックにインスパイアされ、パンクとクラシック・ロック、ビンテージ・ヒップホップ・ビート”になるとのことだ。

ことが順調に運べば、来年にリリースされる見込み。現在のところ収録曲は18曲までに絞られているという。

'03年の『Meteora』は全米No.1を獲得。マルチプラチナに認定された。昨年にはシノダ率いるフォート・マイナーが『The Rising Tied』を発表、シングル「Where'd You Go」が大ヒットしている。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報