全米チャート:元ブリンク、+44がトップ10入り

ツイート
ブリンク182のメンバーが中心となって結成した新バンド+44のデビューアルバム『When Your Heart Stops Beating』が、最新の全米チャートで10位に初登場したことが分かった。

Nielsen SoundScanによると、リリース1週目のセールスは6万6,000枚だった。ロック・チャートでは2位を獲得している。一方、トム・デロング率いるエンジェルズ&エアウェーヴズ(『We Don't Need To Whisper』)のデビュー・アルバムは今年6月のチャートで20位だった。+44は現在、米国ツアー中。次のコンサートは来週にシカゴで行われる。

今週のチャートでは、また、テネイシャスDのサントラ『The Pick of Destiny』が8位と健闘した。

トップを獲得したのはザ・ゲームの『Doctor's Advocate』で、36万枚近くを売り上げている。

他に注目の動きとして、ビヨンセの『B'Day』がトップ10圏外から9位に再浮上した。

トップ10圏外の注目作品では、ファット・ジョーの『Me, Myself & I』が14位に、ステインドのシングルコレクション『Singles 1996-2006』が41位に、それぞれランクインしている。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報