'06年 ヒップホップ/R&Bアーティストの映画/舞台での活躍

ツイート
俳優/女優としても活躍するヒップホップ/R&Bアーティストがここ数年増えていく一方だが、'06年は特に話題作に事欠かない1年でもあった。

まず、夏に公開されて話題を呼んだのがアウトキャストのアンドレ3000、ビッグ・ボーイが主演を務めた映画『Idlewild』。彼ら自身が「実質的にアウトキャストのニュー・アルバム」と呼ぶサウンドトラック・アルバムも高い評価を得ている。

そして、'06年末遂に全米公開がスタートしたビヨンセ主演の『Dreamgirls』は、初日の興行成績も絶好調と、大ヒット間違いなしだ。すでにゴールデングローブ賞へ複数ノミネートされているなど、ビヨンセの女優としての評価も高く、日本での劇場公開も待たれている。

俳優デビュー作としてはザ・ゲームが出演の『Waist Deep』、バウ・ワウの出演の『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』、T.I.出演の『ATL』、公開間近であるコモン、アリシア・キーズ出演の『Smokin' Aces』など、いずれも話題作ばかりである。

もう一つ、忘れてならないのがアッシャーのミュージカル俳優デビューだ。8月から約2ヶ月、アッシャーはブロードウェイ・ミュージカル『Chicago』にてビリー・フリン役で出演。アッシャーの出演によって『Chicago』は異例ともいえる大ヒットを記録した。ディディもすでにミュージカル俳優デビューを果たしており、'07年は彼らに続いてさらにミュージカル進出が増えるか!?

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス