JUJU、ジェイムス・モリソン東京公演のオープニング・アクトに

ツイート
5/18 SHIBUYA-AXは、かのジェイムス・モリソンのライヴ。この日のオープニングアクトに女性シンガーJUJUが抜擢された。

3rdシングルにあたる「奇跡を望むなら…」は2006年11月22日にリリースされたJUJUの作品。06年末からUSENでのリクエスト、問い合わせがじわじわと集まり、発売から約2ヵ月後の1月17日付のUSEN総合チャートで、遂に1位を獲得。

その後もUSEN総合チャートで上位にランクインし続ける超ロングヒットを記録し、発売から4ヶ月にして、フジテレビ系「MUSIC FAIR 21」に地上波初出演、さらには4月16日に「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」に出演するやいなや、着うたとPC配信のダウンロードが大ブレイク! 4月24日、25日付のmora(PC楽曲配信サイト)にて楽曲ランキング1位を獲得したという話題のシンガーだ。

12歳の頃よりJAZZ SINGERを志し、京都にて音楽活動を重ねるも18歳で単身渡米。世界の音楽の中心で、JAZZはもとよりR&B、HIP HOP、SOUL、LATIN、HOUSEといったNYサウンドを咀嚼して生み出す独自性を確立したJUJU。

今回の5/18は、初アルバム全英150万枚の大ヒットを記録したジェイムス・モリソンとともに、至福のひと時を味わえそうだ。

5月18日(金) SHIBUYA-AX
18:00 open 19:00 start
出演:ジェイムス・モリソン、JUJU
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス