キンモクセイ、新作PVにブラマヨ吉田敬が初主演

twitterツイート
6回目のデビュー記念日でもある10月24日にリリースされるキンモクセイの最新シングル「金木犀の花」は、切なく前向きな男の失恋を歌ったバラード。メンバーがリスペクトしてきている真心ブラザーズ・桜井秀俊プロデュースによる作品で、恋に憧れているだけではなく、過去を懐かしむだけでもない、成熟した大人の優しく芯の強い失恋ソングとなっている。

「男の切なさ」=「大人の男の涙」で表現したいというPVのコンセプトに対し、それを最大限に表現できるのは、ブラックマヨネーズのブツブツの方…吉田敬しかいないだろ、とメンバーの強い思いから出演を依頼したところ、快諾いただき今回の出演が決定したという。コンプレックスを持った少年のような表情と、大人の男の顔を併せ持つ彼の、そのインパクトのある泣き顔が、このPVの最大の見所か?

撮影当日、早朝から日が暮れるまで、結局ブラマヨ吉田は何度も何度も泣き続ける男をテンション高く熱演。監督からのOKも自ら再テイクを申しいれる程その役柄になりきって演技をしており、その度ごとに撮影スタッフ&キンモクセイメンバーから感嘆の声が。んー、さすがプロ。

最後には自分が流した涙で溺れるという設定の為、プールの中でびしょ濡れになりながら泣き続けるというシーンを撮影。ほぼ1日をかけて全ての撮影が終わった時にはキンモクセイ&撮影スタッフ一同から拍手が鳴り止まぬほどだったようだ。

キンモクセイからは感謝をこめて、花束とプレゼントを贈呈。撮影の合間にもキンモクセイのメンバーはブラマヨ吉田と談笑、その気さくな人柄にメンバー全員、更にブラマヨ・ファンになったようだ。

自分が出演しているこのPVの映像でカラオケを歌ってみたいというブラマヨ吉田。ライヴでの飛び入りなんか実現したら最高ですね。

なお、キンモクセイは「金木犀の花」が収録された4曲入りシングル「金木犀e.p.」を10月24日にリリースした1ヵ月後11月21日には、初のベストアルバム「ベスト・コンディション」をリリースする。全てのシングルを収録した初回限定盤は“裏BEST”ともいえるボーナス・ディスク付という2枚組31曲のコンプリート・ベスト、まさにグループの6周年を祝うマスト・バイ・アイテムになる。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon