キダ・タロー、森大輔に嫉妬?

ツイート
11月7日に、冨田ラボとのコラボレーションシングル「雨雲」(森大輔 enjoy with 冨田ラボ 名義)をリリースした森大輔が、コラボレーション第2弾として、浪速のモーツァルトことキダ・タローと共演する異色のコラボレーションCMが完成した。

もともと大阪出身、神戸大学卒という関西出身の森大輔は、地元のライヴを中心にラジオ、テレビなどに活動、徐々に人気があがり、2007年の夏には<アサヒビール presents『情熱大陸 SPECIAL LIVE』SUMMER TIME BONANZA' 07>(会場:万博記念公園もみじ川芝生広場)で1万人以上の前で熱唱。さらに、9月には関西テレビドラマ「ワタシ2.1」の主題歌に抜擢されるなど人気は急上昇中となっていた。

この人気を受け、急遽関西地区限定でテレビスポットを実施するにつけ、インパクトのある内容とそれに相応しいキャスティングを選考していた中で、キダ・タローの名があがったようだ。過去、キダ・タローは、自身のラジオ番組で森大輔の楽曲を絶賛しており、クラシックで培った森大輔の音楽的な基礎をベースにしたスタイルに感銘を受けたとのことだった。

当時そのラジオを聴いていたスタッフの一人が、その話を森大輔に話したところ、なんと森大輔自身も幼いころからファンで、キダ・タローを尊敬しているとの事実が判明。そこからはとんとん拍子でCMの完成に至るのである。

コラボCMの制作にあたって、森大輔は地元大阪に戻り憧れのキダ・タローと合流。大阪のレコーディング・スタジオで撮影されたが、同じ関西出身ということもあり現場は終始笑いに包まれたという。

このCM制作時に、キダ・タローがコメントをした「歌はええし!男前!めちゃムカつくわ!」と、面白可笑しくコメントしたものが、そのままCMに採用されることになった。

「私が長年手塩に掛けて育てたの秘蔵っ子、森大輔を世に紹介します…。なかなかえぇ男でっしゃろ、森くん。実は…、森くんとからむのは今回が始めてです(笑)。森くんには音楽の基盤に核たるものがありその辺が非常に気に入ってます。CMのお話を頂いた時もすぐにお受けすることにしました。しかし、この曲、なかなかええ曲でっしゃろ? 歌はええし!男前!めちゃムカつくわ!」とキダ・タローはコメントを残しているが、「森くん、天狗になったらあかんで(笑)」という愛溢れるユーモア溢れるアドバイスも。

「子供のころからテレビで観ていた憧れの人とのCM共演が本当に実現するとは思わず、驚きとともにとても嬉しかったです。撮影までは緊張しましたが、実際にお会いしたキダ先生は、テレビで観たままの気さくでインテリジェンス溢れる人で終始いいムードで撮影ができました。本当にENJOYできました」と森大輔。

もちろんこのCMは関西地区限定なのだが、関西で見られないファンのためオフィシャルページでも公開するとのことなので、ぜひとも、アップされるのをお楽しみに。

オフィシャルサイト
http://www.moridaisuke.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報