上地雄輔がおバカキャラ卒業?イケメン役でミュージック・ビデオに出演!

ツイート
『クイズ!ヘキサゴン』や『孝太郎のダブルキッチン』など、バラエティ番組での天然おバカキャラで人気の俳優・上地雄輔が、SunSet Swishの新曲「PASSION」のミュージック・ビデオに出演する。

上地雄輔とSunSet Swishはお互いにデビュー前からの友人で、一緒に飲みに行ったり、買い物に行ったり、将来の夢を語り合う仲間であったことから、新曲「PASSION」のテーマの“友情”と“情熱”にちなんで上地の友情出演が決まったのだそう。

見所は、普段バラエティなどでは見られない“俳優・上地雄輔”の真剣な表情。悩みを抱える社会人役の上地が、深夜のバッティングセンターで自分の想いを描きながら真剣にバットを振り続ける、というシーンの鬼気迫る演技に注目だ。ちなみに、上地は元高校球児で、松坂大輔投手とバッテリーを組んでいた事は有名な話。

「PASSION」のミュージックビデオは、2月21日からSunSet Swishのオフィシャル・サイト(http://www.sunsetswish.com)で視聴を開始、22日正午からはフルコーラス視聴を予定している。

今回の共演について、SunSet Swishと上地雄輔は次のようにコメントしている。

■SunSet Swish
上地君とはデビュー前からの友達で、酒を飲みに行ったり、買い物に行ったりしていました。新曲『PASSION』のテーマが「情熱」と「友情」ということもあり、上地君に出演をお願いしたところ、快く引き受けていただくことができました。
上地君はテレビのバラエティ番組のキャラと、本当のキャラはいい感じで一緒ですが、ビデオクリップでは「俳優上地雄輔」だったので、カメラが回るとお茶の間の皆さんが見たことのないような男前な表情が垣間見れて、上地雄輔のPASSIONが滲み出た作品になっていると思います。
バッティングセンターのシーンでは、最初は曲を流さずに撮影をしていましたが、上地君本人の希望で曲(「PASSION」)を聴きながらの撮影になったのが熱かったです。上地君は高校時代にグラウンドで白球を追っていた情熱を思い出しながら、このシーンに挑んでくれたんだと思います。
撮影の前日は都内でも珍しい大雪でしたが、撮影日は日頃の行いが良いからか(笑)、快晴になり、夕方の僕らの演奏シーンでは、SunSet Swishらしい今までで一番綺麗な夕日が撮れました。
 監督はじめたくさんのスタッフ、そして上地君、上地君以外のキャストの方々も熱い情熱を僕たちの作品にぶつけてくれて、まさに「PASSON」溢れる素晴らしいビデオクリップが完成しました。
ぜひCHECKしてください!!

■上地雄輔
サンセットスウィッシュのメンバーとは昔からの仲で、まさに「4セットスウィッシュ!」という感じです。「PASSION」を聴いて、友情・恋愛・仕事などいろんな人間関係があるけれども、情熱があればどんな時も前に進める!と思いました。
このビデオクリップの見所は、まず夕日をバックに演奏するSunSet Swishです。真剣に演奏するメンバーがめちゃくちゃかっこよくて感動して泣きそうになりました。思わずあくびのふりして涙を隠そうとしてしまったほどです。ぜひ皆さんにもこのシーンからPASSIONを感じてほしいと思います!
また、バッティングセンターでひたすら球を打ち込むシーンがあるのですが、そこは手のひらが腫れ上がるくらい気合をいれたので、ぜひ見てほしいです!
撮影をするうちにどんどんこの曲への思い入れが高まってきました。4セットスウィッシュの「PASSION」を宜しくお願いします!!
この記事をツイート

この記事の関連情報