アシャ、くるり&HITOEからリスペクト

ツイート
2008年9月6日(土)に京都・梅小路公園で行なわれる<京都音楽博覧会'08>にアシャの出演が決定した。

当イベントの主催者であるくるりの岸田繁がアシャを知り、そのまま当然のごとく、出演が決定したようだ。

「このCDがワールド・ミュージックのコーナーに置かれることは、当然でもあり勿体なくもある。彼女の前向きで自由奔放な歌声は強くてやさしくて新しい。病んだ現代社会も荒んだグローバリゼーションも、空っ風に吹かれて飛んでいく。ポップ・アーティストが自然に生まれた幸福な瞬間を切り取ったアルバムだ!!」──岸田繁(くるり)

▲HITOE直筆によるアシャのイラスト
また、アシャの魅力は多くのアーティストに深く確実に浸透してきており、元SPEEDのHITOEもアシャの熱烈なファンのひとり。このイラストは、HITOE自ら描きおこしたアシャの直筆のイラストだ。

「ASAの歌声には羽があるかもしれない。きっと世界中の人達のハートが奮えるのだろう。ある日、誰かに勇気を与えてる。心地いいリズムが優しく包み、いつのまにか安らぎと笑顔が生まれる。ASAの愛が響く。嬉しい事、辛い事、楽しい事、悲しい事すべてが私達の人生だから」──hitoe

アシャは、<京都音楽博覧会'08>の出演の後、下記スケジュールでコンサート・ツアーを行なう。

2008年9月6日(土)京都音楽博覧会
2008年9月8日(月)心斎橋クラブクアトロ
2008年9月9日(火)名古屋クラブクアトロ
2008年9月10日(水)SHIBUYA O-EAST

また、6月3日(火)、4日(水)にラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ6F)にて開催される<ラフォーレサウンドミュージアム>は、以前お伝えしたとおり(参照:「ラフォーレ原宿は女性シンガーに着目」)だが、追加公演として6月4日(水)が二回公演となった。一回目は以前発表された通りの18:30開場/19:00開演、追加公演は二回目:21:00開場/21:30開演となっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報