明るいナショナル~♪からドリカム作品へ

ツイート
明るいナショナル~♪のCMでおなじみだった松下電器産業が2008年10月1日、社名をパナソニックに変更した。これにともない、創業90周年となるパナソニックの新CMソング「SEEDS OF TOMORROW」をDREAMS COME TRUEが制作し、六本木ヒルズで行なわれたイベント<Panasonic Dream Live>で、彼らが出演するパナソニックの新CM映像とともに発表した。

DREAMS COME TRUEが、企業のブランドスローガン(「Panasonic ideas for life」)を入れて楽曲を書き下ろすのは今回が初めて。

イベントには、DREAMS COME TRUEの中村正人が登場。今年の7月2日にHIGH and MIGHTY COLORのマーキーとの結婚を発表した中村は、左手薬指に結婚指輪を輝かせながら、MCの“クボジュン”こと久保純子とトークセッションを繰り広げた。

中村正人が登場した<Panasonic Dream Live>イベントフォト(結婚指輪もキラリ☆)

中村は、“家では「(液晶テレビ)VIERA」を壁にかけてます! おっきいですよー。バーンと42型(笑)。いやいや、ちょうどいいサイズです。それをビエラリンクで(ほかの家電と)つないで、(エクササイズマシン)ジョーバに乗りながら観てます。ジョーバはね、僕すぐ買ったんですよ(笑)” と、パナソニック製品が身近にあることを紹介。さらに、今回映像コメントで登場した吉田美和が、“うちの父が超ナショナルのファンなんです! 地元の池田町はちっちゃい町なのでパナソニックのお店がないから、他のメーカーの特約店にナショナルの製品を入れてもらってるくらいに(笑)。だから今回一番喜んでいるのは、うちの父です(笑)” と、パナソニックの社員も驚くほどの衝撃的な告白。会場は大いに沸いた。

また、会場ではDREAMS COME TRUEがプロデュースするTERNIVAL SENSE、GATZ、LOVEの3組がミニライヴを開催。さらに最後には中村正人とともにパナソニック ソング「SEEDS OF TOMORROW」をライヴで初披露した。

ちなみに、この「SEEDS OF TOMORROW」は、11月12日にリリースされるDREAMS COME TRUEのニューシングル「連れてって 連れてって」の “2008年冬期限定盤” にボーナストラックとして収録される(なお、同楽曲のオリジナルヴァージョン「MIDDLE OF NOWHERE」は通常盤にも収録)。

最後に、パナソニック ソング「SEEDS OF TOMORROW」についてDREAMS COME TRUEからのメッセージを掲載する。

【MASSAGE FROM DREAMS COME TRUE】
この曲を、グローバルに一つになってさらなる一歩を踏み出すPanasonicに、そして、今の時代を必死で歩み続ける全ての人たちに贈ります。
この先、険しい道もあるでしょう、素晴らしい成果もあるでしょう。
そんなみなさんの飽くなき挑戦の「旅」の歌です。
「明日の種を蒔くのは、今日なんだ」というメッセージが、旅する人たちの心に届けば幸いです。
長年親しまれてきたNationalソングに引き続き、みなさんに愛されることを願っています。

パナソニック
この記事をツイート

この記事の関連情報