カート・コバーンも愛した伝説のバンド、ヴァセリンズ

ツイート
カート・コバーンも愛したという伝説のバンド、ヴァセリンズの完全ベスト盤が6月17日にリリースされることが決定した。

本作は、彼らが残した全てのスタジオ録音楽曲19曲と、未発表のデモ音源や80年代にブリストルとロンドンで行なわれたライヴ音源を収録した2枚組全36曲入りという完全ベスト盤。国内盤には14,000字というオリジナル・ライナー・ノーツの解説が付く。

サマーソニック09で奇跡の来日も決定しているヴァセリンズ。もちろんこれは、彼らにとって初の日本でのライヴとなるものだ。

ヴァセリンズは、スコットランドのグラスゴー出身。1986年に結成し1990年には解散してしまった男女2人組のバンドである。89年にアルバム『Dum Dum』をリリース、解散後である1992年にはサブ・ポップからコンピレーション盤『ザ・ウェイ・オブ・ザ・ヴァセリンズ』を発売していた。

しかし、1992年発売のニルヴァーナのコンピレーション盤『インセスティサイド』に、ヴァセリンズ「サン・オブ・ア・ガン」と「モリーズ・リップス」のカバーが収録され、また、カート・コバーンが彼らの大ファンであることを公言するようになると、一気に再評価が進み、今日の人気を決定づけるまでに人気が拡大したバンドである。

そんなヴァセリンズが、2008年にサブ・ポップ20周年ライヴを機に電撃的に再結成。その勢いのままサマーソニック09での奇跡の初来日も決定したといういきさつだ。一生彼らのライヴを見る事ができないと思っていたファンにはまさしく衝撃的なニュースである。

ヴァセリンズ現象に代表されるように、USインディーズが洋楽マーケットの中で活気づいてきており、タワー・レコードでは本作を含めたUSインディーキャンペーン「USインディーの逆襲」がスタート、ステッカーやグッズのプレゼントなどが展開されている。

<タワー・レコード・キャンペーン「USインディーの逆襲!」>
キャンペーン期間:5月22日(金)~6月28日(日)
・CHANCE 1
「ロゴ・ステッカー3枚セット」を先着でプレゼント。どのアーティストが当るかはお楽しみ!
・CHANCE 2
応募抽選で「豪華アーティスト・グッズ」が当たる。対象商品購入でキャンペーン応募ハガキをプレゼント。

※編集部注リリース作品に関し、記述の誤りを修正いたしました。謹んでお詫びいたします。(2010年6月15日)
この記事をツイート

この記事の関連情報