ドリカム、「その先へ」のPVは空撮を使った渾身の作品

ツイート
DREAMS COME TRUE feat.FUZZY CONTROLによる新曲「その先へ」のミュージック・ビデオで、ドリカムPV史上初となるヘリコプターを使った空撮が行なわれた。

撮影は7月下旬に東京湾に浮かぶ巨大な人工島「風の塔」で行なわれた。撮影当日の朝は天候が悪く、撮影スタッフが「風の塔」に到着した時には、濃い霧と強風により撮影自体が危ぶまれるほどだったが、“晴れ女”の吉田美和がいるDREAMS COME TRUEと、FUZZY CONTROLのメンバーが到着する頃には風はおさまり、夏の日差しが照りつける絶好のロケ日和となった。

ドリカムとしては過去に<DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1995>で、ライヴ映像収録のために空撮を用いたことがあるが、ミュージック・ビデオで空撮を行なうのは今回が初。撮影では「風の塔」が羽田空港の管制区域であることから空撮の許可がなかなか下りず、ヘリコプターもメンバーたちも炎天下でひたすら待ち続けることになったという。

今回のミュージック・ビデオでは、ドリカムのメンバーである吉田美和、中村正人の両者が出演しているが、メンバーがミュージック・ビデオに登場するのは、3月21日に発売されたアルバム『DO YOU DREAMS COME TRUE?』に収録の「MIDDLE OF NOWHERE」以来で、シングル曲としては、2007年6月にリリースした「きみにしか聞こえない」以来、約2年ぶりの出演となる。

映像監督を務めた曽利文彦監督(映画『ICHI』、『ピンポン』など)は、「20周年を迎えて、なお劇的な進化を続けるドリカム。そのパワーに心地よく飲み込まれっぱなしです。中村さん、吉田さんとご一緒できたことは自身の映像制作へ変化をもたらすほどの衝撃でした」とコメントしている。

「その先へ」のミュージック・ビデオは、ドリカムのオフィシャルサイトにてシングル発売日の9月9日より5日間限定でフルオンエアされる。メンバー、スタッフとも強烈な日焼けに襲われながら撮影を行なった渾身の映像を要チェックだ。

「その先へ」
【初回完全限定盤】UPCH-89061 ¥999(tax in)
【通常盤】UPCH-80143 ¥1,260-(tax in)
2009年9月9日発売

LIVE DVD&Blu-ray
『20th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 “ドリしてます?”』
【初回限定盤DVD】UPBH-29022/4 ¥5,800(tax in)
 本編DVD2枚組、特典DVD1枚
 豪華デジパック仕様
 ライヴ写真満載のブックレット
【通常盤DVD】UPBH-20040/1 ¥4,200(tax in)
 本編DVD2枚組
【通常盤Blu-ray】UPXH-20001 ¥5,200(tax in)
 本編Blu-ray1枚
2009年10月1日発売

◆DREAMS COME TRUEオフィシャルサイト「DCTgarden」
◆FUZZY CONTROLオフィシャルサイト
◆iTunes Store DREAMS COME TRUE(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報