レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと『X Factor』のチャート・バトルが幕開け

twitterツイート
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(RATM)と『X Factor』優勝者のクリスマスNo.1をめぐるチャート・バトルがスタートした。UKではこの4年、オーデション番組『X Factor』の優勝者がリリースするデビュー・シングルがクリスマス・チャートの1位を獲得。それに反発したRATMのファンが、彼らのデビュー・シングル「Killing In The Name」をNo.1にしようと、Facebookを通じキャンペーンをスタートした。

チャートは、日曜日(12月13日)から土曜日(19日)までの売り上げにより決定。Facebookのキャンペーン・ページには74万人もが登録。大量購入しようと呼びかけている。

iTunesのセールスでは一時期、「Killing In The Name」がトップ・セラーとなったものの、現在は『X Factor』優勝者ジョー・マケルダリーの「The Climb」が巻き返し1位に、「Killing In The Name」は2位に後退した。しかしながら、Amazon.co.uk、Hmv.co.uk、Play.comでは「Killing...」がトップに輝いている。

現在のところ、「The Climb」はダウンロード・リリースのみ。CDシングルは水曜日に発売される。『X Factor』の視聴者の年齢層は幅広くCDを好む人も少なくないため、まだ勝敗はつけがたい。

<Rage Against The Machine for Christmas No.1>キャンペーンには、数多くのミュージシャンも賛同しているようだ。Facebookのページにはセックス・ピストルズのジョン・ライドン、プロディジー、ロストプロフェッツ、ステレオフォニックス、フォール・アウト・ボーイ、エンター・シカリ、さらには『X Factor』の1stシリーズの優勝者スティーヴ・ブルックスタインまで登録しているという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス