M.I.A.がレディー・ガガらを‘物まね’と批判

twitterツイート

スリランカの紛争地域で生まれ、英国に亡命するという出自も含め、個性的な色彩感覚や斬新なアイデアをファッション/音楽を通じて表現してきた女性アーティスト、M.I.A.が、同じInterscoep Records所属のレディー・ガガ(Lady Gaga)を‘物まね上手’とバッサリ切り捨てた。

英NME誌に掲載予定の最新インタビューでM.I.A.は絶好調のレディー・ガガに対して「私たちは、あらゆる要素を混ぜて、自分の中で昇華させて世間に発表するという点で似ているそうだけど、彼女はそのまま出しているだけよ。(80年代に活躍したモデル/シンガー)グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)やマドンナ(Madonna)になりたいみたいだけど、音楽は20歳やそこらの子がイビサ島で聴くような感じ、革新的でもなんでもないわ。才能があるとしたら、物まねが上手いってことね、私自身より私っぽく聴こえるもの。それにスタッフに恵まれているわね。業界が作り上げた最新作よ。何千人もの人々に職を与えている点では尊敬するわ。でも、私の信条は‘自分自身でやる’ことよ」など辛らつな批評を加えた。さらに、新人ケシャ(Ke$ha)についても「彼女のようにあからさまなコピーはもっと心配ね。皆が満足していればそれで良いけどなど」と語っている。

M.I.A.は2007年のセカンドアルバムから"Paper Planes"をロングヒットさせたことでおなじみのアーティスト。複雑なバックグラウンドから様々な要素をミックスした音楽はもちろん、自ら手がけるアートワークなどでも高く評価されている。

◆M.I.A. Artist Info(bmr.jp)
◆M.I.A. Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報