ポール・ウェラーが、オアシスの解散、リバティーンズの再結成を“ベストな選択”だと後押しした。オアシスの解散については「この先、クリエイティヴな面でより良くなるだろう」、リバティーンズに対しては「クラッシュよりいい。いま、この国に必要なバンド」とまで言い切った。

ブリティッシュ・ロック界のアイコンはXfmでこう話した。「両方(ギャラガー兄弟)とも肩の荷が下りたんじゃないかな。クリエイティブな面でより良くなると思う。いい奴らだ。何をやるのであれ、本当にいいものができるだろう」

リバティーンズの再結成に対しては「バンドがリユニオンするのを見るのは好きじゃない。でも、このバンドはいま必要とされている。この国にはリバティーンズが必要だ。俺は、彼らをクラッシュよりいいと思っている。って言うと、議論を呼ぶよな? (でも)本当だ。少なくとも俺にとって、彼らはそうだ」

そのウェラー親分は今週、2年ぶりとなる新作『Wake Up The Nation』をリリース。“国民よ、目覚めよ”と喚起する。

Ako Suzuki, London