男子禁制の“女子バナ”イベントに、小川真奈、ロビン、にわみきほ

ツイート
また、イベントでは小川真奈の新曲「一人ぼっちの私」も披露。透き通る歌声と優しいピアノによる、10代の女の子の切ない恋を歌ったこのバラードで、空気を一気に作り上げる小川真奈。会場の隅々まで滲み込む歌声に、オーディエンスの誰もが深く共鳴したに違いない。

その後もCOCOLULUのアイテムが当たる抽選会や、小川真奈へのサプライズバースデープレゼントなどが行なわれた今回のガールズ限定イベント。終演後、ロビンは「初めてで、新鮮でした。トークとかも“どこの化粧品使ってるの?”とか、普段聞かれない内容で。」とコメント。小川真奈は「誕生日イベントという形で、女性の方だけの前で歌うというのは新鮮で、少しでも私の歌が、今日来てくれた方々に届いてくれればいいな、って思いました。」と、笑顔を覗かせた。また、COCOLULU専属モデルのふたりは、「真奈ちゃんの歌を初めて生で聴いて、上手い!」「『COCOLULU SONG』は、今、着うた(R)にしてます。」と、17歳のヴォーカリスト・小川真奈を絶賛。なお、7月21日にリリースされる小川真奈のアルバム『(1)ティーネイジ ブルース』について小川は、「バラードからロックまで幅広いジャンルの曲が入ってます。」としながらも「ずっとバラードが歌いたかったので「一人ぼっちの私」がすごい好きな曲です。」と、幸せそうに瞳を輝かせた。

ちなみに、まだ両親から誕生日プレゼントをもらっていないという小川真奈に「17歳の誕生日にほしいものとかありますか?」と質問が飛ぶと、横からレイモンドが「『ポルシェ』と『金』」という大人(?)なアドバイス。これには出演者、関係者から大きな笑いが起こっていた(もちろん、小川真奈はそんなレイモンドのアドバイスを笑顔で拒否していたことは言うまでもない)。

「16歳の一年間が想像を超えるほど充実した一年だったので、17歳の一年はそれを超えるものにしたいです」── 小川真奈

なお、小川真奈の誕生日である7月2日からアルバム『(1)ティーネイジ ブルース』収録全曲の着うた(R)がレコチョクにて配信開始されている。その後も「一人ぼっちの私」を中心にRBTやビデオクリップ、着うたフル(R)などが相次いで配信される予定だ。

中でも注目なのが、7月12日から20日まで半額キャンペーンとともに配信される「一人ぼっちの私」ビデオクリップ。17歳の女の子の切なげな表情と美しい姿、そして胸を締め付けるような歌声。メイキング映像はBARKSで展開中の小川真奈の動画連載『BARKS スペシャル』で公開されているので、ぜひメイキングとビデオクリップ本編を一度目にしてみてほしい。


◆BARKSスペシャル Part(5) ~ミュージックビデオ撮影~
◆小川真奈 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報