ジャスティン・ビーバー、「ベッカムから教わりたい」

twitterツイート
ジャスティン・ビーバーが、ベッカムにサッカーを教えてもらいたがっているようだ。

ジャスティン・ビーバーは、妻ヴィクトリアの間に3人の息子、ブルックリン(11)、ロメオ(7)、クルーズ(5)を持つベッカムに、プライベート・コンサートをする代わりに、ボールコントロールを教えて欲しいと提案しているという。

ジャスティンはサン紙に、「もし子供達のお気に入りアーティストが僕だったら、喜んでベッカム家にお邪魔して、プライベート・コンサートを披露するよ。お返しにお願いしたのは、コンサートの後、彼らの庭で1時間位、サッカー・ボールで出来るすごい技の数々を教えてもらいたいって事なんだ」と話している。

アッシャーを師と仰ぐジャスティン・ビーバーは、先日はシェリル・コールとケイティ・ペリーから恋のレッスンを受けたいと明かしていた。「彼女達から、どの女の子がいい子かっていう見分け方を教えてもらいたい。それが実現したら嬉しいな。2人をディナーに招待して、彼女達のような女性の心を掴むにはどうすればいいか、直接教えてもらうんだ」

多感なお年頃、ジャスティン・ビーバー16歳。ものすごい勢いで何でも吸収し、どんなことでもチャレンジできる、世界一フットワークの軽いスーパースターだ。

BANG Media International
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報