サイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』40周年記念で明かされる秘話

twitterツイート
全世界で2500万枚、日本でも累計100万枚を売り上げている名作サイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋』、その40周年記念盤が4月に発売となる。時代を超越しいつまでも人々の琴線を震わせるこの名作にスポットを当て、その素晴らしさをすべての世代のオーディエンスへ伝えていきたいというプロダクトだ。

◆サイモン&ガーファンクル関連画像

この記念盤にはボーナスDVDが付属するが、そこには今明かされる貴重な証言の数々収められているという。語っているのは現在のポール・サイモンとアート・ガーファンクル、そして当時を知る関係者だ。そこには、マジで?というトリビア・ネタが次々と飛び出している。一部を紹介すると、

●「明日に架ける橋」はもともと2ヴァースしかなくて、あとで最後の1ヴァースを加えた。
●「ボクサー」のサビで出てくる「ライ・ラ・ライ♪ ドーン!」というエコーかかったあの爆発音は当時のコロンビア・レコードの廊下で録音された。
●「いとしのセシリア」のリズムは、ロサンゼルスのウェストハリウッドにあるBlue Jay Wayのポール・サイモンの自宅で、ポールとアートが自分の足(もも)を叩いてた音。それをループさせて使ってしまった。

…などなど。

DVDは日本語字幕付きで収録されているので、存分に楽しめることだろう。更には当時USで波紋を呼んだ1969年の幻のドキュメンタリー「SONGS OF AMERICA」がそのままの形で収録されるという。これは、ケネディ大統領やキング牧師など惜しくも暗殺されてしまった60年代の衝撃映像をバックに「明日に架ける橋」が流れており、さまざまな反戦のメッセージ溢れる映像に、当時のAT&Tがあまりにも過激な内容でスポンサーを降りてしまったというエピソードがあるもの。

また、同梱される日本版ブックレットには、「明日に架ける橋」という名邦題へ至る道のりや当時の音楽業界の秘話など、ここでも貴重な証言の数々が掲載されているという。

本来であれば2010年が40周年であったものの、ポール&アートのこだわりによって発売がこの時期にまで延びることになったが、待たされただけあって、素晴らしい作品となったようだ。

『明日に架ける橋(40周年記念盤)』
2011年4月13日発売予定
初回生産限定2CD+DVD(3枚組) SICP3040-2 4,410円
※豪華デジパック仕様/日本版特別ブックレット付/日本版DVD字幕付
通常盤CD+DVD(2枚組) SICP3043-4 3780円(ジュエル・ケース仕様)

◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス