オヤイデ電気NEOブランドからクランクタイプのL型-L型パッチケーブル3種登場

ツイート
オヤイデ電気は、NEOブランドのギター用パッチケーブル「FORCE '77G CLL」「QAC-202G CLL」「G-SPOT CABLE CLL」を10月22日より発売する。

今回新たに発売される3モデルは、すでに発売されているL型-L型パッチケーブルに寄せられた多くのご要望を受けて登場したクランクタイプのL型-L型パッチケーブル。

クランクタイプとは、プラグ方向が双方逆側(外向き)に配置された製品。従来モデルとはプラグの取り付け方が異なるこのクランクタイプのパッチケーブルが、「FORCE '77G」「QAC-202G」「G-SPOT CABLE」それぞれのモデルのラインナップに「CLL」として追加されたというわけだ。

ケーブル長はそれぞれ0.15m、0.30mを用意。その他各種プラグ、ケーブル延長など、特注も受け付ける。各ケーブルの特徴は以下のとおり。

●FORCE '77G
楽器本来のサウンドをクリアかつフルフラットにアンプ・エフェクターなどに正確に伝送し、さまざまなシチュエーションでの使用を想定しかつ細部に渡り綿密な設計が施された、高性能エクストリーム・ライン・ケーブル。楽器から機器への確かな結合、特殊構造の外装によるしなやかで取り回しの容易なケーブルデザイン。またFORCE '77G 専用にプロダクトされた高純度金メッキ・プラグP-275BGが融合することにより、より確かな信号の伝送を実現。ノイズにも非常に強く、レコーディングはもちろん、ライブにおいても楽器の最高のパフォーマンスを演出する。

●QAC-202 G
日立ケーブル伝統のLC-OFCカンタム導体使用のQAC-202は、ギタープレイにおいて特徴的なサウンドを再生。低域から高域までどの周波数帯も劣化が非常に少なく、ハイミドル、1kHzから少し上辺りがうまく持ち上がっていて、2~3kHzに乾いた質感があり、高域に暴れがなく、各弦の分離が良いのが特色。輪郭がはっきりとしているので、ダビングの多いサウンドの中でも音が埋もれにくい、「前に出る」サウンドとなっている。

●G-SPOT CABLE
中低域の密度が濃く、太い音かつ腰の据わったサウンド。高域もナチュラルなため、耳障りのないサウンドが特徴。ギター中心のリフや厚みのあるギター・コード・サウンドに重さが加わり、まとまり感が出せる。なめらかなサステインは、ロングトーンなどソロにおいても、ストレスのない演奏が可能になり、音量の強弱の追従性が優れているので微妙なニュアンスの演奏にもしっかりと対応。そのため、クリーン・トーンでの使用でもその性能をフルに発揮。特にStratocaster、Telecaster、Jaguar、Jazzmasterなどのシングル・コイル系には相性の良いケーブルとなっている。

◆FORCE '77G CLL
価格:オープン
◆QAC-202 G CLL
価格:オープン
◆G-SPOT CABLE CLL
価格:オープン
発売日:2010年10月22日

◆FORCE '77G 製品詳細ページ
◆QAC-202 G 製品詳細ページ
◆G-SPOT CABLE for Guitar 製品詳細ページ
◆オヤイデ電気
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス