ジャーニー、ビルボードの「レジェンド・オブ・ライヴ」受賞

ツイート

ジャーニーは11/10にニューヨークのルーズベルト・ホテルで開催される2011年ビルボード・ツアーリング・アウォードで「レジェンド・オブ・ライヴ」を受賞する。この賞は9日、10日に開催されるビルボード・ツアーリング・コンファレンスの一環である。

ビルボードの「レジェンド・オブ・ライヴ」賞は、ライブ・ミュージックやツアー・ビジネスに甚大かつ永続的な貢献をしたグループや個人に栄誉を与え、ライブを行ないコンサートを通してファンとつながりを持つという芸術に対する受賞者の献身を認めるものだ。これまでにこの賞を受賞したのは、ラッシュ(2010年)、オジー・オズボーン(2009年)、オールマン・ブラザーズ・バンド(2008年)、フランク・バルサローナ(2007年)、エルトン・ジョン(2006年)、ジャック・ボイル(2005年)、マイケル・コール(2004年)などだ。

ジャーニー今なお大変に成功しているツアー・バンドである。すでに100万枚のチケットを売っており、今年の『エクリプス』ツアーは一晩で平均60万ドル以上を稼いでいる。

「バンドを代表してニューヨークに来ることをとても誇りに思っています」とギタリストでバンドの創立メンバーであるニール・ショーンは語る。

「レコードの売り上げやヒットの多さもすごいが、ジャーニーが長寿なのはその素晴らしいライブ・パフォーマンスのおかげだというのは異論のないところだ」とビルボードのレイ・ワデルはいう。「ベイ・エリアの音楽シーンから飛び出して世界的なヘッドライナー・アーティストとなり、今日のようなアイコン的ロック・バンドの地位を獲得し、たとえメンバーが替わっても、ジャーニーの才能は音楽のトレンドを超越し、ますます大きな聴衆を集めるに至っている。ジャーニーこそは『レジェンド・オブ・ライヴ』を体現している」

ビルボード・ツアーリング・アウォードはビルボード・ボックススコア・チャートで集計されたデータに基づいて業界のトップ・アーティスト、会場、プロフェッショナルに栄誉を与えるものである。この授賞式は11/9,10にニューヨークのルーズベルト・ホテルで開催される2日間のビルボード・ツアーリング・コンファレンスのクライマックスでもある。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報