無名の新人バンドBrandel、ビッグネームを押さえタワレコ1位

twitterツイート
10月19日(水)、無名の新人バンドBrandelのファーストミニアルバム『PIECES BY ELEMENTS』が発売され、タワーレコード渋谷店にて10/24付総合デイリーチャートで1位を獲得していたことが分かった。

◆「Love Is All」PV映像

コールドプレイ、少女時代、ノエルギャラガー、BUMP OF CHICKENといったビッグネームを押さえ、1位に輝いたBrandelとは何か。10月19日、この日はタワーレコードを中心とする全国CDショップで『PIECES BY ELEMENTS』の追加注文、予約が殺到し初回生産分が即完売という事態に陥っていたのだ。

Brandelは、2010年東京で結成。メンバーはKenji(Vo)、Juker(G)、Lyuon(B)、Kaz(Dr)。コンテストやライブシーンで活躍していたKenjiを中心に、幼い頃から創作活動を行い楽器や作曲に親しんできた音楽的エリートと言える仲間が「音楽で世界を平和に導きたい」という意思のもと集結したフォーピースのオルタナティブ・ロックバンドだ。美しいメロディーとエモーショナルなバンド・サウンドに「生への探求」をテーマにした哲学的なリリックを特徴とする。

結成当初から海外での活動を視野に入れていたBrandelは、グローバルな広がりを求めながらプリプロを繰り返し、最高の環境を追い求めていたところ、ロサンゼルスにてTom Weirの耳に止まり、Tom Weirプロデュースのもとでレコーディングをすることとなった。それがこの『PIECES BY ELEMENTS』である。Weezer、Brian Setzer、Michael Damian、Keith Richardsなど多くのアーティストの作品に携わってきたTom Weirは、2004年度グラミー賞ミキシング部門受賞、多数の同賞ノミネート経験を持つエンジニアだ。

レコーディングから帰国後、ELLEGARDENが所属するグローイングアップのプライベートレーベルGRANDCODEからリリースが決定し、遂に発売となったというわけである。現在は関東レコ発ツアー<PIECES BY ELEMENTS Tour 2011-2012>を敢行中だが、今後もライブ活動を積極的に行いつつ、世界に向けてその活動を展開していくという。2012年は、Brandelにとって飛躍の年となることだろう。


『PIECES BY ELEMENTS』
10月19日(水)発売
GUGC-2001 ¥1,260(税込)

<PIECES BY ELEMENTS Tour 2011-2012>
2011年10月28日(金)水戸ライトハウス
2011年11月6日(日)HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1
2011年11月11日(金)HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2011年11月19日(土)横浜BBストリート
2011年11月29日(火)高崎 club FLEEZ
2011年12月6日(火)千葉LOOK
2012年1月7日(土)渋谷WWW(TOUR FINAL)

◆Brandelオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon