THEイナズマ戦隊、初シングル集発売「よく転んで、よく諦めなかった大切な15年でした(笑) 」

ツイート

今年(2012年)で結成15周年を迎えるTHEイナズマ戦隊が、2月8日、バンド初のシングル集『シングルコレクション』をリリースする。

デビュー・シングル「月に吠えろ」から、彼らの代表曲「応援歌」など、全17曲を収録した本作。初回限定盤には、これまでに制作されたミュージック・ビデオの中から13曲分を収録した、バンド初のミュージック・ビデオ集DVDが付属される。

『シングルコレクション』について、ヴォーカルの上中丈弥は、「イナ戦の歴史がわかる1枚です。(初回盤には)ミュージックビデオが付いているので、人間の老け方というか、デビュー当時のギラつきがわかりますね。「月に吠えろ」と「愛じゃないか」を比べると、どちらもギラついてる。(笑)今は今の熟した良さがあるし。これからの未来も見えてくる『シングルコレクション』になってますね」とバンド結成15周年、デビュー10周年を振り返った。

そしてBARKSでは今回、せっかくなので、ふだんインタヴューでは上中丈弥にいじられることの多いドラムの久保裕行に、敢えてアンケート形式で15周年にまつわる質問に答えてもらった。以下がその全文である。

――今作『シングルコレクション』収録楽曲のなかで、特に想い入れの深い曲と、その曲にまつわるエピソードを教えてください。

「「応援歌」。この曲はボーカルが友人の再出発に向けてかいた曲だが、当時まだ北海道でアマチュアだったころに出来た。その頃は、ただガムシャラだけでやっていて、なにがなんだかわからず、ただひたすらにライブをやっていたが、この曲で、自分達の伝えたい言葉や、やりたいライブが見えた。初めてこの曲をバンドで合わせた時に出た音がドカンときて凄かった。そのドカンって感じを今でも大切にしてます」

――この15年で、いちばん変わったことは何ですか?

「昔はそれゆけーで、歌を大切にとは思いつつも、興奮のあまり、皆が周りより前に出ようと(笑)自分勝手な演奏をしていたし、ワガママだったが、今は自分の楽器や人間の大切さをちょっとか解って、バンドとしてのそれゆけーが出来るようになった。 ボーカルジョウヤは相変わらずワガママではあるが…」

――逆に、この15年で、変わっていないことは何ですか?

「統率(笑)。皆で同じ方向になんの疑いもなく突き進むため、よく言えば統率がとれている。悪く言えば、ブレーキをかける人がいない」

――THE イナズマ戦隊のメンバーとして、いちばん大切にしていることは?

「言葉に恥じない人間であるように心がける。他のメンバーの個性を尊重し(笑)。ある程度は大目にみてやる(笑) 。特にベース俊哉に対しては大目にみてやる(笑)」

――今後の計画と、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

「気がつけば15年たちました。支えてくれた皆さんのおかげです。 ボーッとは過ごしてません。よく転んで、よく諦めなかった大切な15年でした(笑) 。これからもイナズマ戦隊ワールドを常に向上のもと更新していきます。15周年は区切りがいい年ですが、これからは毎年がアニバーサリーかのように、面白いことを沢山やっていきたいと思います。どうかご期待の上、動向を頻繁にチェックして応援していただけると嬉しいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします!」

New Album
『シングルコレクション』
2012年2月8日発売
【初回限定盤】CD+DVD
CRCP-40312 ¥3,990(tax in)
【通常盤】CDのみ
CRCP-40313 ¥2,500(tax in)
[CD]
01. 月に吠えろ
02. 応援歌
03. 陽はまた昇る!!
04. 天路
05. パーダラ・ブギ~後悔するにゃ若すぎる~
06. あの夏の日々
07. オマモリ
08. 五月雨
09. 嗚呼!!されど青春ごっこ
10. 全身ゴーマイウェイ
11. さらば青春の日々
12. 情熱の風
13. Oh!スザンヌ
14. メッセージ・ボトル
15. 合言葉 ~シャララ~
16. 恋のドッキドキ大作戦
17. 擦り傷
[DVD]初回限定盤のみ
01. 銀座通り
02. 月に吠えろ
03. 応援歌
04. 陽はまた昇る!!
05. パーダラ・ブギ~後悔するにゃ若すぎる~
06. あの夏の日々
07. オマモリ
08. 五月雨
09. 嗚呼!!されど青春ごっこ
10. 全身ゴーマイウェイ
11. 情熱の風
12. 擦り傷
13. 愛じゃないか

◆THEイナズマ戦隊オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報