メタル漬けの夜を楽しめる『戦慄のメタル・オールナイト』が2月17日(金)オンエア

ツイート

▲写真左上より:リンプ・ビズキット、ホワイトスネイク、アーチ・エネミー、ザ・ダークネス、アンスラックス、スレイヤー、モトリー・クルー、メガデス。
ミュージックシーンの一大潮流として1980年代以降、多彩なサブジャンルを生み出しながら熱狂的なファン層を獲得し続けてきたヘヴィメタル。その歴史や代表的なバンド、さらには白熱のライヴ・パフォーマンスなどが次々と紹介されていく、メタルファン垂涎のフルコースがWOWOWで放送される。題して「戦慄のメタル・オールナイト」。

多くの人々が熱狂してきた日本屈指のメタル・フェス<LOUD PARK>のスペシャル、世界各地のメタル事情に迫った2本の映画『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』『グローバル・メタル』などをフィーチャーし、どこまでのディープに、それでいて初心者にも楽しんでもらえる夢の宴だ。夜を徹して燃え上がろう。

■特集ラインナップ

●LOUD PARKスペシャル  2月17日(金)夜10:45
2006年にスタートした国内最大規模のメタル・フェスティバル<LOUD PARK>。ヘヴィメタルはもちろん、ハードロック、スラッシュメタル、メタルコア、デスメタル、メロディックスピードメタル、ラウドロックなど、メタル的要素を含んだあらゆるサウンドを網羅した総合的な“メタルの祭典”がいよいよWOWOWに登場。2011年10月にさいたまスーパーアリーナで開催された<LOUD PARK 11>のパフォーマンス映像を中心に、過去のライブ映像からもマリリン・マンソン、スレイヤー、モトリー・クルー、メガデスなどイベントを沸かせた名演を加え、より立体的に<LOUD PARK>の楽しさに迫っていく。

●『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』 2月17(金)深夜1:00[字]
1980年代半ば、メタル・ブームが起き、音楽の1ジャンルとして人気が定着する一方で、公序良俗を重んじる世間一般からは、「野蛮」「病的」「不快」「危険」と非難が集中。一体メタルは、なぜかくも社会から忌み嫌われ、偏見の目にさらされるのか? 30歳のカナダの人類学者にして、筋金入りのメタル・ファンでもあるS・ダンは、この疑問を出発点に、メタルの不思議な魅力を解き明かすべく、各地へ取材旅行に出かける。

●『グローバル・メタル』 2月17(金)深夜3:00[字]
カナダの人類学者にして筋金入りのメタル・ファンでもあるS・ダン。前作『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』を公開後、世界のさまざまな国のメタル・ファンから、作品に対するメールが届き、メタルの世界的人気を改めて実感した彼は、はたしてメタルが、文化や宗教、民族、歴史的伝統のそれぞれ異なる国々で、どのように受け入れられているのか、その地域ごとの違いや偏差を探るべく、新たな取材旅行に出発する。

●ラウド・メタル・ナイトPart 1~Part 4  2月17日(金)夜10:00ほか
各プログラムの前後には、メタルのあらゆる知識が学べる「ラウド・メタル・ナイト」と題したミニ番組を用意。<LOUD PARK>の映像はもちろん、最新のPVやヒストリー等を交えながら、へヴィメタルの世界をわかりやすく紹介。各作品への“ガイド”として活用していただきたい。

◆番組サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報