THE VIEW、ニュー・アルバム『チーキィ・フォー・ア・リーズン』完成

ツイート

4枚目のアルバムとなるTHE VIEWの新作『チーキィ・フォー・ア・リーズン』が、7月4日に日本先行発売となる。

◆「ハウ・ロング」試聴

『チーキィ・フォー・ア・リーズン』のプロデュースはアークティック・モンキーズ他を手掛けたマイク・クロッシーだ。バンド側は前作もマイクによるプロデュースを望んでいたものの、よりビッグなサウンドを望むレーベルの圧力によって、バンドの意向は無視された形となっていたとのことで、今回はバンドの意向がストレートに反映されたものであるという。

リヴァプールのモーター・ミュージアム・スタジオでレコーディングは行われ、バンドの原点に戻ったようなアプローチになっている。カイル・ファルコナー曰く「ザ・クラッシュによるフリートウッド・マックの『噂』」のような作風だとか。

アルバムは全曲カイルとキーレン・ウェブスターによるものだが、うち3曲はキングス・オブ・レオンのアンオフィシャルのメンバーとして知られるライター/プロデューサーのAngelo Petragliaとの共作曲となる。UKは7月9日発売だが、ここ日本は7月4日に先行発売となり日本盤ボーナス・トラックも追加収録となる。リリースをお楽しみに。



『チーキィ・フォー・ア・リーズン』
2012年7月4日 日本先行発売
YRCG-90079 2,300円(税込)
※解説/歌詞/対訳付
※日本盤ボーナス・トラック収録
1.How Long/ハウ・ロング
2.AB (We Need Treatment)/AB(ウィー・ニード・トリートメント)
3.Hold On Now/ホールド・オン・ナウ
4.Anfield Row/アンフィールド・ロウ
5.Bullet/バレット
6.Bunker (Solid Ground)/バンカー(ソリッド・グラウンド)
7.The Clock/ザ・クロック
8.Piano Interlude/ピアノ・インターリュード
9.Hole In The Bed/ホール・イン・ザ・ベッド
10.Sour Little Sweetie/サワー・リトル・スウィーティ
11.Lean On My World/リーン・オン・マイ・ワールド
12.Tackiy Tattoo/タッキー・タトゥー
13.Modern Approach (Tpot Latest Mix)/モダン・アプローチ(Tpotレイテスト・ミックス)*
14.Standing, Waiting On My Own (Long Stand)/スタンディング、ウェイテング・オン・マイ・オウン(ロング・スタンド)*
*日本盤ボーナス・トラック
(P) & (C) 2012 The View under exclusive license to Cooking Vinyl ltd.
Drums + percussion - steven morrison
Bass - kieren webster (except "hole in the bed" - kyle falconer)
Lead guitar - pete reilly
Lead vocals - kyle falconer (except "hole in the bed - kieren webster)
Backing vocals - kyle falconer, darren rennie, kieren webster and steven morrison

◆THE VIEWオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報