Ozzfest Japan 2013、伝説のロックフェスが待望の日本上陸! 第三弾アーティスト発表

ツイート


▲写真左上より右下:ANTHEM、Black Sabbath、coldrain、DEFTONES、DIR EN GREY、Fear,and loathing in Las Vegas、MAN WITH A MISSION、マキシマム ザ ホルモン、Slash、Slipknot、Stone Sour、TOOL(ABC順)

2013年5月11日(土)・12日(日)の2日間に渡って、幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催される<Ozzfest Japan 2013>の第三弾出演アーティストとして日本勢バンド6組の出演が発表された。

「俺の伝説の“オズフェス”を来年5月11日と12日に日本に持って行くから絶対に見逃すなよ。最高のショーになるぜ!」 ―― オジー・オズボーン

オジー・オズボーンと、そのマネージャーであり妻でもあるシャロン・オズボーンが主催する<Ozzfest>は、まさにオジーのコメントどおり“伝説”と言っても過言ではない、世界的にその名を轟かすロック・フェスティバル。オーガナイザーであるオジー・オズボーン、そしてブラック・サバスの出演はもちろん、システム・オブ・ア・ダウン、ディスターブド、リンキン・パークを始めとするそうそうたるプラチナアーティストのキャリアの登竜門的な場としても幅広く認知されている一大イベントだ。

その<Ozzfest>がスタートしたのは、1996年。オジー・オズボーン、スレイヤーを始めとする強者が集結した初回を皮切りにその後計16回が開催され、ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンなどのハードロック/ヘヴィメタル・シーンのレジェンド勢、パンテラ、KOЯNなどのラウドロック/モダン・ヘヴィネス勢、さらにバッド・レリジョンなどのパンク勢、etc……。時代を代表する様々なバンドが世界各国で出演し、毎回大成功を収め続けている。日本のロックファンの中には、2002年にザ・マッド・カプセル・マーケッツが日本人バンドとして初出演を果たしたことが強く印象に残っている方も多いかもしれない。

そして、これまでアメリカ、ヨーロッパ、2010年には中東・イスラエルで開催されてきた<Ozzfest>だが、今回の<Ozzfest Japan 2013>は同フェスの日本初開催ということで大きな話題を集めている。

その日本のステージに立つのは、ヘッドライナーを務めるブラック・サバスとスリップノット、さらにスラッシュ、デフトーンズ、トゥール、ストーン・サワーというそうそうたる面々の出演がすでにアナウンスされているが、そこへ加わるのが今回の第三弾発表で明らかになった日本勢6組。一日目がマキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、Fear,and loathing in Las Vegas、2日目がDIR EN GREY、ANTHEM、coldrainという強力ラインナップが、<Ozzfest>の記念すべき日本初上陸を祝福するべく圧巻のパフォーマンスを展開してくれるだろう。

<Ozzfest Japan 2013>
幕張メッセ 国際展示ホール9~11
5月11日(土)
Slipknot(headliner)
Slash
DEFTONES
マキシマム ザ ホルモン(NEW)
MAN WITH A MISSION(NEW)
Fear,and loathing in Las Vegas(NEW)
And more!(順不同)

5月12日(日)
Black Sabbath(headliner)
TOOL
Stone Sour
DIR EN GREY(NEW)
ANTHEM(NEW)
coldrain(NEW)
And more!(順不同)
[問]H.I.P. 03-3475-9999
http://www.hipjpn.co.jp

◆<Ozzfest Japan 2013>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報