セレーナ・ゴメス、ルーク・ブレイシーと交際中

ツイート
セレーナ・ゴメスがルーク・ブレイシーと交際中のようだ。およそ2年間の交際を重ねてきたジャスティン・ビーバーとつい先日に破局したばかりのセレーナだが、13日(日)に開催されたゴールデン・グローブ賞のアフターパーティーで、2011年に『恋するモンテカルロ』で共演したルークとかなり接近していた姿が目撃されている。

◆セレーナ・ゴメス画像

パーティー会場では友達のジョシュ・ハッチャーソンやアシュレイ・ティスデイルとも一緒だったというセレーナとルークの2人について、ある関係者は「2人は会場に入ってくるなり、ダンスを始めてずっと楽しんでいましたね。終始にこやかで楽しそうでした」と明かしている。

セレーナはジャスティンと別れて以降、家探しを始めており、14日(月)にはロサンゼルスでいくつかの物件を見て回ったらしい。

セレーナがジャスティンと破局した理由は、ジャスティンがあまりにもわがままだったからだという。別の関係者は「ジャスティンはあまりにワガママすぎて、セレーナの前だと、もう大きな赤ん坊といった感じだったんです。しかもジャスティンはすぐに脇目がいってしまうタイプなので、本物の信頼関係を築くことは大変なんですよ。結局その癖がセレーナを傷つけてしまったのですが、その事実を彼は分かっていないんです」「そのため、セレーナはジャスティンが2人の関係を真摯に思っていないと感じてしまったようです。目を離すとジャスティンがすぐに他の女の子にすり寄って行ってしまうので、いつも彼女はハラハラしてたんです。それでジェラシーばかり感じていたのでしょう」と破局当時に話していた。

そんなセレーナとジャスティンは2012年の大晦日を過ごすため、ニューヨークに立ち寄る前にメキシコに一緒に飛んで束の間の休日を楽しんでいたものの、セレーナがジャスティンの携帯に他の女性からのメールがいくつも来ていたことを見つけ、大晦日の前日の30日に大喧嘩になり結局別れてしまっていた。セレーナは同日中にメキシコを発ってアメリカに戻ってきている。
この記事をツイート

この記事の関連情報