エミリー・サンデー、レコード・レーベル設立へ

ツイート
エミリー・サンデーがレコード会社を立ち上げる計画を明かした。自身が成功を収めるまで大変だったというエミリーは、新進気鋭のアーティスト達の後押しをしたいと語っている。

◆エミリー・サンデー画像

「レーベルを立ち上げようと思っているの。ちゃんとしたビジネスよ。話は進んでいるわ」

エミリーのニューシングル「クラウン」のタイトルはピエロを意味し、音楽業界でキャリアをスタートさせた際にエミリーが、多くのレコード会社にパフォーマーとしてではなくソングライターとして位置づけされていたという歯がゆい心情を歌った曲だ。そんな体験を踏まえて、エミリーは自分と同じような状況にある若手アーティスト達を手助けしたいと考えているという。

「「クラウン」は私がレコード会社と契約を結ぼうと必死だった時のことを歌った歌なの。レーベル側との会議に出席すると必ず、レーベルの人には「君に何ができるっていうんだい?」っていう目で見られたわ」「私はパフォーマーとして成功する前にソングライターとしてのキャリアを築いたの。だから作曲を依頼されていたわ。でもこの「クラウン」や「マウンテンズ」なんかはいつか自分が歌う曲としてとっておきたかったの」「でもどんなに頑張ってもレコード会社からは作曲家としてみなされ続けたわ。だからパフォーマーとして成功できるって証明するためにとっても苦労したの」

そんなエミリーのロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたライブを収録した最新ライブ・アルバムとDVDは、2月18日(月)にリリースとなった。
この記事をツイート

この記事の関連情報