アラン・マッギー「オアシスは2016年に再結成」

twitterツイート
アラン・マッギーが、2016年にオアシスが再結成する可能性を口にした。2009年8月にパリのステージ裏で勃発したノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの兄弟喧嘩が原因で、ノエルが脱退したため解散に至っているオアシスだが、オアシスの元マネージャーであるアラン・マッギーはオアシスが25周年記念を迎える2016年に再結成すると信じていると話した。

◆オアシス画像

「リアムとノエルは仲直りするはずだよ。数年後の25周年記念まで待たなきゃいけないと思うけどね。何て言ったって2人は兄弟なんだ。だから関係がどんな風に修復されるかってことは想像もつかないよね」

ただ、クリエーション・レコードの元でプライマル・スクリームやジーザス&メリーチェインなどのマネージャーも務めているアラン・マッギーにとって、ロックスターとの生活は本当に大変だった模様だ。「オアシスと付き合うのには労力が必要だったよ。リアムとノエルと一晩飲んだかと思ったら、今度はプライマル・スクリームと夜出かけるって生活だったからね。それにオアシスのレコーディングでウェールズに行った時なんか、毎晩ドラッグ漬けだったし。それでロンドンに戻ったら、すぐにまた仕事って感じだったね」

そんなアラン・マッギーは、1994年にオアシスのデビューアルバム『オアシス』がチャートの1位を飾り、イギリスで最も人気のバンドとして君臨していた時に精神的にまいっていたと明かしている。デイリー・ミラー紙で「ある朝、教会に行ったんだ。でも答えを見出せずに家に帰ったら、留守番電話のメッセージが入ってたよ。『オアシス』が1位になったってね。それを聞いてニコリともせず、すぐにそのメッセージを消去したんだ。何だか、周りのみんなが楽しめるように、自分を犠牲にした気がしたんだよ」と当時を振り返っている。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス