ピート・ドハーティ、スリラー映画に出演

twitterツイート

フランス映画『Confession Of Child Of The Century』(2012年公開)で銀幕デビューしたピート・ドハーティが、オーストラリアのスリラー映画『The Second Coming (Pt.1)』に出演した。

◆ピート・ドハーティ画像

ウィリアム・バトラー・イェイツの同名の詩(1919年作)をもとにしたという同作品は、Richard Wolstencroftが監督。ピートのほかJerome Alexander、Michael Tierney、Gene Gregoritsらが出演する。

ピートが映画に出るのはこれで3度目。前作『Rock And Roll F*ck 'n' Lovely』(2013年)はカメオ出演だったが、今回はデビュー作同様、準主役級の役らしい。

先週、予告編が公開されたが、公開日、ピートの役柄等はまだ発表されていない。


Ako Suzuki, London

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報