ラモーンズ、アーケイド・ファイアの公演にジョイン

ツイート

土曜日(8月23日)、NYブルックリンで開かれたアーケイド・ファイアの公演にラモーンズのマーキー・ラモーン(Dr)がゲスト出演した。

◆マーキー・ラモーン&アーケイド・ファイア画像

バンドはアンコールで“とてもスペシャルなゲスト”とマーキーを迎え、ラモーンズの曲「I Don't Wanna Go Down To The Basement」「I Wanna Be Sedated」をプレイした。

アーケイド・ファイアは8月22~24日、3日間連続でブルックリンのバークレイズ・センターでプレイしたが、初日にニューヨーク・ドールズのデヴィッド・ヨハンセン、2日目にマーキー・ラモーン、最終日にトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンと、毎晩NYに縁のあるアーティストをゲストに迎えた。ヨハンセンとは彼の別名バスター・ポインデクスターの「Hot Hot Hot」を、デヴィッド・バーンとはスーサイドの「Dream Baby Dream」をプレイ。デヴィッド・バーンはドラキュラ伯爵のメイクとコスチュームでステージに登場した。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報