カシオ、電子楽器を使った新しい楽曲を提供する新レーベル「Mono Creation」を設立

ツイート
カシオ計算機とKADOKAWAは音楽分野で協業し、新レーベル「Mono Creation(モノ クリエーション)」を9月25日に設立した。新レーベルでは、それぞれの強みである音楽文化創造に関するノウハウを組み合わせて、固定観念にとらわれない自由なスタイルの音楽を提供する。

今回の協業は、電子楽器の開発・販売を通じて音楽人口の拡大を目指す「カシオ」と、コンテンツを継続的に創造し、多様な形でメディアミックス展開していくグローバルエンターテインメント企業「KADOKAWA」との理念が一致して実現。

レーベル名の「Mono Creation」は、鍵盤を連想させる「Monochrome」と、新たな音楽文化を創造する「Creation」という思いを込めたもの。このレーベル名のもと、カシオ所属の新人アーティストを、KADOKAWAが共にプロデュースする。

「一体十色。既存のスタイルに縛られない自由な発想と音使いで様々なジャンルの作品を作り上げる。」という“Mono Creation”の楽曲コンセプトにもとづき、カシオの電子楽器を使った、まったく新しい楽曲を創り出し、CD販売や音楽配信を通じて提供していく。

また、この「Mono Creation」の活動を通じて、「奏者の感性のままに表現できる豊かで美しい電子楽器の魅力を広く伝えると共に、10代~30代を中心とした新たな音楽ファンを獲得し、音楽文化の創造に貢献」していくとしている。詳細は「Mono Creation」のウェブサイトで近日公開予定。

◆Mono Creation
◆カシオ計算機
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報