【ライブレポート】MICHAEL、1stアルバム発売記念ライブで初主催<Weekly Fes>の開催を発表

ツイート

MICHAELが、1stアルバム『Archangel』(3月25日発売)のリリース記念として開催中の全国ツアー<MICHAEL LIVE 2015 Archangel>の東京公演をEX THEATER ROPPONGIにて実施。3月22日、この日のライブで彼らは、7月10日、11日、12日、18日、19日の5日間に渡り、ZEPP Blue Theater Roppongiにて、MICHAEL主催によるWeekly Fes<MICHAEL Summer Night Circus 2015>を行うことをファンにサプライズ発表した。

◆<MICHAEL LIVE 2015 Archangel>@東京 EX THEATER ROPPONGI ライブ画像 

「できたばかりの1stアルバムをできるだけ早く、一番これを聴きたいと思っている人の手元にじかに届けたい」。

そんなMICHAELのメンバーたっての要望から、今回のツアーはアルバム発売日前に初日が開幕。アルバムリリース前に行った大阪、東京の公演では、会場に足を運んでくれたオーディエンスのためにアルバムを場内で先行販売するという方法で、MICHAELをもっとも近いところで応援してくれているファンに真っ先に届けるという形が実現した。

3月22日、その1stアルバム『Archangel』収録曲を中心にセットリストが組まれた東京公演。


場内が暗転した瞬間、ピアノの旋律が響き渡るMICHAELならではのオープニング曲「Amazing Grace」で厳かな雰囲気が場内を包む。静かに、語りかけるように歌い出した松岡充(Vo)の声は、壮大な広がりを持って膨れ上がり、そして再びその歌がどんどんピアニシモになると、観客ひとり一人の胸にそっと着地していく。



こんなノーブルでクラシカルな歌い手が、豊田和貴(G)の弾くロックンロールなリフでワイルドなロッカーに変身したかと思えば、「new world satisfaction」ではいきなり振付師(?)になって、観客に踊りを伝授。自ら考えた振りで踊りながら歌う、キュートな笑顔のポップシンガーに早変わりするなど、この日のMICHAELはライブがスタートするなり、一気にバンドの振り幅の広さを全開にして、自由に行き来する様を見せつける。2014年末に行ったライブで、ファンとの信頼関係を築き上げたという実感を得た彼らは、早速そこから第一歩を踏み出したステージパフォーマンスを試してきたのだ。


そんな「これについてこれる?」と言わんばかりのMICHAELのネクストステージへの提案を、集まったオーディエンスはすぐさまキャッチ。いきなり見せられた振り付けもパーフェクトにこなして見せ、松岡が親指を立てて笑顔でOKサインを送るほど、この時点まで完璧にMICHAELのステージングに応えてきていた。



だが、そこでほっとしている場合ではなかった。「実はもう僕らは次に向けて走り出してるんです」という松岡のMCに続き、中盤では「られぬ」、「shining」という1stアルバム以降にできた未発表の新曲2曲をいきなり披露。未来のMICHAELの欠片たち、そのなかでも「僕の場所」、「shining」、「be tomorrow」で聞かせた松岡のオーディエンスを操っていくような歌唱力とその歌を言霊として送り出すバンドサウンドは、この日のハイライトシーンを創っていった。

後半戦に入る前のMCコーナーでは、「MICHAEL結成以来1年強、去年は激動の1年やったな」とジルが話すと「今年はさらに激動の年になる予感がする」と松岡が返答。ここで、松岡の口から今夏、MICHAEL主催のフェスを開催することが発表され、ファンからは大きな歓声が上がった。

会場は興奮状態のまま、ライブは後半へ突入。「way to go」から「Archangel」まで、2人はオーディエンスと共に歌いながら激しく盛り上がれる楽曲を次々にプレイした。その後、松岡が3月25日に発売するアルバムについて、「今回いろんな形態でCD出しますけど、僕が思ってるのは“みんなに聴いて欲しい”、“ライブで一緒に歌って欲しい”、ただそれだけなんです。だから、このなかのどれか1枚でもみなさんに届いたらいいな」とメッセージ。そして最後に、「僕らがCD出せるようにしてくれてありがとうございました」と頭を下げると、フロアからは大きな拍手が。ラストには心温まるバラードを届け、この日のライブは終了した。

MICHAELは3月25日に1stアルバム『Archangel』とともに、LIVE DVD『MICHAEL LIVE 2014 第一章 20141221−1223』、初写真集『Archangel』と3アイテムを同時リリースする。そして、7月10日から5daysをかけて、Zepp Blue Theater Roppongiにて、MICHAEL主催による<Weekly Fes.>を開催する。この<Weekly Fes.>は、毎回違う共演者を招いて行われるという。誰もが知っている超ビッグネームから意外な組み合わせまで、MICHAELでしか成し得ない夢の対バンが実現するようだ。気になる共演アーティストは、4月20日15時にMICHAELのオフィシャルサイトにて情報解禁される。なお、現在、FCのみ先行発売しているチケットが6月27日10時から一般発売が開始される予定とのこと。




Photo by 小松陽祐

<MICHAEL LIVE 2015 Archangel>
2015年3月22日(日)EX THEATER ROPPONGI
セットリスト

1.Amazing Grace
2.Overture
3.かくそこありしか合縁奇縁
4.new world satisfaction
5.みにくい反逆児
6.られぬ(未発表新曲)
7.僕の場所
8.shining(未発表新曲)
9.be tomorrow
10.way to go
11.こころ
12.天樂
13.Archangel
14.東京
15.Amazing Grace

1st Album『Archangel』

2015年3月25日発売
全12曲 ¥3000+税
■HMV ONLINE
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6273812/
http://m.hmv.co.jp/product/detail/6273812
■HMV店舗
http://hmv.co.jp/st/list/
http://m.hmv.co.jp/8_100

LIVE DVD『MICHAEL LIVE 2014 第一章 20141221-1223』

2015年3月25日発売
全17曲 ¥6000+税

<LIVE 2015 Archangel>

2015年4月10日(金) 福岡 FUKUOKA BEAT STATION
OPEN START 18:00 19:00
[問]:キョードー西日本 092-714-0159
Yahoo!チケット
http://tickets.yahoo.co.jp/tour/hnfaa151/
ローソンチケット
TEL:0570-084-008(Lコード:84462)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード:259-640)
2015年4月17日(金) 名古屋 BOTTOM LINE
OPEN START 18:00/19:00
[問]:キョードー東海 052-972-7466
Yahoo!チケット
http://tickets.yahoo.co.jp/tour/hnfaa151/
キョードー東海
TEL: 052-972-7466
キョードー東海TICKETS ONLINE
http://kyodotokai.co.jp/tickets/
ローソンチケット
TEL:0570-084-004(Lコード 46504)
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード 258-568)
イープラス
http://eplus.jp

<MICHAEL Summer Night Circus 2015>

日程:7月10日、11日、12日、18日、19日
場所:Zepp Blue Theater Roppongi
第一弾オフィシャルHP先行予約
2015年3月29日(日)23:59まで
http://l-tike.com/michael2015bcr-hp/

◆MICHAEL オフィシャルサイト
◆7zoo7
◆Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
この記事をツイート

この記事の関連情報