スキッド・ロウ、トニー・ハーネルとの「18 and Life」を公開

ツイート

スキッド・ロウがニュー・シンガー、トニー・ハーネルと再レコーディングした「18 and Life」(1989年)の音源を公開した。現在、バンドのオフィシャル・サイト(Skidrow.com)でストリーミングおよび無料ダウンロードできる。

スキッド・ロウは先週、ジョニー・ソーリンガーの脱退と元TNTのトニー・ハーネルの加入を同時発表した。

ソーリンガーは「ソロとしてのキャリアを追求するため、スキッド・ロウを辞めることにした。この15年は素晴らしい体験だった」との声明を発表したが、デイヴ・スネイク・セイボはその後のインタビューで、ハーネル加入発表の数時間前にソーリンガーに電話を入れ解雇したと明かしていた。

ハーネルを迎えたスキッド・ロウは5月22日から北米ツアーをスタート。夏には、EP『United World Rebellion』シリーズの新たなチャプターの制作をスタートするといわれている。

セルフタイトルのデビュー・アルバムに収録されるバンド最大のヒット・シングル「18 and Life」のオリジナルはセバスチャン・バックが歌っている。

Posted a new photo: http://www.reverbnation.com/q/5r2fo9

Posted by SKID ROW on 2015年4月13日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報