アップルが定額制音楽配信サービス「Apple Music」発表

ツイート

サンフランシスコで開催されているアップルの開発者イベント<WWDC 2015>にて、新しいストリーミングサービス「Apple Music」が発表された。スタートは6月30日から。

◆Apple Musicの画像

OSの発表に続いて、ティム・クックが口にしたのは、スティーブ・ジョブズが講演の最後に隠し玉を発表する時のお決まりのフレーズだった「One more thing...」。その言葉に興奮する会場、キーノートを見守っていた全世界に向けて、ストリーミングサービス「Apple Music」が発表された。

iTunesで配信されている数千万曲をApple Musicライブラリとして利用可能というこのサービス。プレイリストといった基本的な機能に加えて、ジャンルやアーティストを選択することで最適な楽曲をセレクトするレコメンドしてくれる機能「For You」や、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンから全世界に向けて24時間配信される「Radio」(BBC「Radio 1」の看板DJだったゼイン・ロウなどがパーソナリティを務めるチャンネル「Beats 1」を開設)。また、アーティスト側がファンに新しいトラックや画像、動画などを公開する「Connect」で、アーティストとファンの直接のつながりを演出するとのこと。


「Apple Music」は、100カ国以上の国でサービスが提供され、価格は月額9.99ドル(最初の3ヶ月間は利用無料。また6人までの家族利用は月額14.99ドル)。iOS 8.4 for iPhone、iPad、iPod touch、そして iTunesがアップデートされたMac/PCで、6月30日からスタートする。Androidにはこの秋にサービスが提供される予定だ。

また発表のステージには、アップルが買収したBeatsをドクター・ドレとともに立ち上げたジミー・イオヴァイン、ラッパーのドレイクも登壇。さらに基調講演のラストにはザ・ウィークエンドが、新曲「Can't Feel My Face」を披露した。

この記事をツイート

この記事の関連情報