【インタビュー】ViCTiM、兄妹デュオ初作品に「せっかく2人でやるんだったら大暴れしたい」

twitterツイート

■どちらかがひるむこともなく、ガツガツ歌えた
■それも遠慮なくぶつけ合える相手だからこそ──minato

──実際、「ゼロサム・ゲーム」はイントロからしてノイジーでねじれていて、めっちゃ攻めてる曲で来たなと(笑)。

minato:そうですね。イントロはデモを活かしていて、VALSHEのライヴのメンバーがレコーディングに参加しているんですが、みんなのエスカレート具合がすごくて、いざ自分がヴォーカルを乗せるってなった時には「負けないようにしないと」って(笑)。

VALSHE:あと今回、土台から制作方法を変えているんです。VALSHEでのminatoはサウンドプロデューサーという立ち位置ですけど、ViCTiMでは作曲をしつつパフォーマーとしても前に立つ。だから、サウンドクリエイターになってもらって、プロデューサーは別に立てているんです。

minato:VALSHEのライヴのサウンドプロデュースをしている方なんですが、やっぱり信頼している方にお願いしたいと。VALSHEの作品では僕がヴォーカルディレクションをしていたんですが、自分も歌うとなると自分で判断するのが難しいし。

VALSHE:自分のライヴの演出や曲間のSEを作ってくれる人で、ViCTiMというコンセプチュアルなユニットを聴覚的にも視覚的にも見てくれる人ですよね。だから、新たに強力なメンバーが参戦してくれた感じ。さらにツアーを一緒に廻ったメンバーが参加してくれているので暴れ方に遠慮がなかった(笑)。

minato:スタジオでレコーディングしているとは思えないよね。まるでライヴみたいな(笑)。

VALSHE:いつも以上にはしゃいでいたかもしれない。そんな様子がDVDのレコーディング密着映像にも収録されています。

▲minato

──ちなみにVALSHEさんは「ゼロサム・ゲーム」の原曲を聴いた時、どんな印象を受けたんですか?

VALSHE:minatoの作る曲は全部好きなんですが、「ゼロサム・ゲーム」はイントロとBメロが特に好きで、出だしから「わ~、やってきやがったな!」って(笑)。デモを聴いた夜、電話して「対になる曲を作りたいんだけど」って「ノン・ゼロサム・ゲーム」のサビを作ったんですよ。で、こっちはViCTiM名義にしようと思ってサビの部分をminatoに渡したっていう。

minato:担当を振り分けて後から「ここはこうする?」とか2人で向き合って作業したり。いつもとは違うちょっと不思議な作り方をしていますね。

──両A面の2曲は対になっているということですが、両方の歌詞に“優しい世界”と“奪う世界”という共通したワードが出てきますよね。

minato:もともとViCTiMでは攻撃的なことをやりたいっていうのがあったのと、社会風刺的な要素も入れたかったので、テーマを2人で共有して書いていったんですね。その2つの言葉は、実はVALSHEが2曲に共通性を持たせるために狙って入れているんです。

VALSHE:自分たちが見聞きしたり、体感することはこの2つの言葉に当てはまることが多いなと思っていたんです。「今はみんなゼロサム・ゲームしてるんだな」と思うこともあるし、「今は一丸となってノン・ゼロサム・ゲームをしているんだな」とか。もう1つの理由としてはノン・ゼロサム・ゲームをしていたのに結局、ゼロサム・ゲームになったのか、もしくはその逆なのか、人によってどっちをスタート地点にするかによって顛末が変わるっていう。タイトルに“ゲーム”と付いているようにそういう部分も楽しんでほしいですね。

minato:わかりやすく言うと同じ物語の“絶望サイド”と“希望サイド”っていう感じですかね。

──勝者と敗者しかいない世界の一歩先が勝者も敗者もない世界という捉え方もできるし?

minato:どっちを選ぶかは人によって違うと思うんですよ。その2つを行き来する人もいるだろうし。ただ、どっちがいいかはみんなわかってるよね?っていう。そんなメッセージも込めつつですね。

──それにしても「ゼロサム・ゲーム」は2人のたたみかけるようなヴォーカルが迫力ありますよね。

minato:そこはいちばん楽しかったところです。

VALSHE:楽しかったですね。

minato:これまでのVALSHEのレコーディングとは環境自体が違うので、スタジオに入って2人で一緒に歌うとこうなるんだっていうのを初めて体感したんです。かけあいが続くところでは「この曲でも負けないようにしないと」って。

──はは(笑)。ライバル意識ですか?

minato:いや(笑)、声質的にもVALSHEのほうがパワーヴォーカルなので、声を張る強いほうの自分をガッツリ出していかないと潰されちゃうって(笑)。

──ライヴで言うと向き合って歌っているイメージ?

VALSHE:そうですね。「ゼロサム・ゲーム」に関してはライヴでガンガン暴れてほしい曲だから「兄ちゃん、頑張ってね」っていう(笑)。

minato:頑張ります(笑)。スタジオで一緒に歌った時はどちらかがひるむこともなく、ガツガツ歌えたんです。それも遠慮なくぶつけ合える相手だからこそ。

──兄妹というか、双子というか、似ている2人なんだろうなということが歌からも伝わってきます。

minato:そうですね。発言もよくかぶりますし(笑)。

VALSHE:だから、今日も様子を伺ってしゃべってる(笑)。

minato:かぶるし、ハモるからね(笑)。

VALSHE:さっきのパワーヴォーカルの話の通り、声の相性はいいけれど声質が違うからこそやる意味があるし、自分にないものを持っている人が担ってくれる楽曲があるからこそ今後も生まれてくるものがあるだろうし。パフォーマンスひとつとっても自分が何をしたいか相手がわかってるだろうから、好き勝手できるんですよね。

minato:お互いに先読みしてるところもあると思いますね。「こうしたいだろうから、こうしよう」とか。ヴォーカルに関しては「ゼロサム・ゲーム」がかけあいなら「ノン・ゼロサム・ゲーム」はハモりですね。

──「ノン・ゼロサム・ゲーム」にはピアノやストリングスが入っていますがサウンド的にも対比を意識したんですか?

minato:そうですね。VALSHEが作ったサビのメロディを聴いた時に激しさの中に哀愁が漂っていると思ったので、そこを強調していきたくてピアノやストリングスを上手く取り入れようって。とはいえ支えるギター、ベース、ドラムも遠慮せず前に出てきてほしいって。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon